三味線を習う

15 の用例 (0.00 秒)
  • 大和高天町で三味線を習いに母の元に出入りしていた女性加代子と深見との淡い恋の交流を描いている。
  • 福島県南相馬市出身である母親の影響で民謡に慣れ親しみ、津軽三味線を習う。
  • 三味線を習う人が増えれば、三味線がよく売れ、猫の皮が不足し、多くの猫が殺される。 青木雨彦『ことわざ雨彦流』より引用
  • 中学・高校とブラスバンド部に所属してトロンボーンを担当していたが、特にバンド経験者というわけではなく、作品を書くにあたって初心者用のギターを購入したり、カルチャースクールに通って津軽三味線を習うなどしている。
  • 芸事が好きで踊りや三味線を習い、家を出て旅役者の一座に入り、嵐亀蔵と名乗り伊勢から名古屋で舞台に立つうち、来合わせた大坂の芝居関係者に見いだされて大坂に行く。
  • 盲目になった男の子は、ボサマのもとへ弟子入りして唄と三味線を習い、女の子はイタコの弟子になって口寄せや占い、まじないなどの修行をするしか、ほかに生計を立てて行く道は殆どなかった。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(上)』より引用
  • 目の不自由な人が増えれば、三味線を習う人が増える。 青木雨彦『ことわざ雨彦流』より引用
  • 東京の花柳界育ちで、小さい時から三味線を習う。
  • きぬえの脳裡のうり三味線しやみせんを習いに、部屋へ入って来たときのアキレスの、子供っぽい、はにかんだ顔が浮んだ。 平岩弓枝『江戸の娘』より引用
  • 生家が潮来の花柳界に近かったこともあり、11歳より地元の篠塚みつについて三味線を習う。
  • 幼い頃より祖母の影響で民謡に親しみ、葵3歳、楓2歳から本格的に民謡、そして三味線を習い始める。
  • 阪本小学校は邦楽に力をいれており、1年生から琴、4年から篠笛、5年から三味線を習い、4年生から大会に出ている。
  • 家庭は裕福で、幼い頃より、踊り、琴、三味線を習う。
  • 幼少の頃より民謡と三味線を習う。
  • 家庭に入ってから、寄席三味線の池中スエに寄席三味線を習う、スエ師没後は桑原ふみ子に師事、夫・枝雀の連れ下座としてお囃子に専念する。