三十前後だろ

15 の用例 (0.00 秒)
  • ミツエの正確な年をわたしは知らないが、おそらく、三十前後だろう。 皆川博子『水底の祭り』より引用
  • 目の前の重松亮子は、肌の張り具合からいっても三十前後だろう。 新津きよみ『女友達』より引用
  • としは三十前後だろうが、いかにも男の好きごころをそそりそうな肉置ししおきだ。 横溝正史『人形佐七捕物帳 13』より引用
  • 歳は三十前後だろうか、腰を下ろしているところだけだとよくわからないが、大柄な人のようだった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • 諸井琴路という看護婦は今はたぶん、ちょうど三十前後だろう。 坂口安吾『不連続殺人事件』より引用
  • 年齢は三十前後だろうか。 東野圭吾『天使の耳』より引用
  • 年齢は三十前後だろう。 横溝正史『金田一耕助ファイル14 七つの仮面』より引用
  • 年は三十前後だろう。 横溝正史『姿なき怪人』より引用
  • 歳は三十前後だろう。 勝目梓『抱け、そして撃て』より引用
  • 三十前後だろう。 山田風太郎『明治断頭台 山田風太郎明治小説全集7』より引用
  • 三十前後だろうか髪を短く切り、生活にやつれた感じが漂っていたが、やはり、あの美少女だったのだ。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • 年は若く、まだ三十前後だろう。 小川一水『時砂の王』より引用
  • 年齢は三十前後だろうが、すらりと均整のとれた体をしており、貴族的なそのおもだちは、ろうたきまでの気品をおびている。 横溝正史『金田一耕助ファイル10 幽霊男』より引用
  • 年齢は三十前後だろう、名前を河崎泰子というらしく、ほっそりと姿のよい婦人で蒼白そうはくの顔に黒っぽいパーティードレスがよく似合っていた。 横溝正史『支那扇の女 他一篇』より引用
  • やがて、さくさくと湿った土をける音がして、霧のなかからあらわれたのは、額に紫色のシェードをつけ、大きなサン・グラスをかけ、ギャバのズボンに派手なアロハ、素足にサンダルをはいて、年頃は三十前後だろうが、どこか凄味すごみな人相が金田一耕助にとっては案外だった。 横溝正史『霧の別荘』より引用