三十八口径スーパー

17 の例文 (0.00 秒)
  • 三十八口径スーパーの自動拳銃を内ポケットに収め、新宿駅西口に歩く。 ...
  • それと、威力の強い三十八口径スーパーのコルト自動拳銃けんじゅうとその弾箱もだ。 ...
  • 三十八口径スーパーの発射音は部屋をゆるがせた。 ...
  • その懐中電灯を捨て、三十八口径スーパーから収容能力九発の弾倉を抜いて、音のしないように三発補弾した。 ...
  • 戸棚の米櫃こめびつに入れておいたコルト三十八口径スーパーの自動式とスターム・ルーガー自動式の拳銃けんじゅうに、それぞれに合う五十発入りの弾箱も出した。 ...
  • 朝倉は、コルト三十八口径スーパーの自動拳銃けんじゅうを抜いていた。 ...
  • 秘書はドアの方に走りかけていたが、朝倉が磯川の肩越しに三十八口径スーパーの自動拳銃の銃身部をのぞかすと、化石したように足をとめた。 ...
  • それが終ると、朝倉は床に転がっている、三十八口径スーパー弾の二つの空薬莢からやっきょうを拾ってポケットに仕舞った。 ...
  • 三十八口径スーパーの自動拳銃の照星の後にも塗る。 ...
  • 福家のベレッタを抜いて慎重にねらいをつけ、煉瓦壁から三十八口径スーパー弾をえぐり出したあとの二か所に射ちこむ。 ...
  • 右手の手袋を脱いでポケットにおさめ、ズボンに差した三十八口径スーパーの銃把じゅうはを握る。 ...
  • 弾倉に、三十八口径スーパーの高速実包を九発装填そうてんした。 ...
  • 署から出てくる制服警官や私服刑事を見ると無意識に視線をそらすのは、背広のわきの下にショルダー・ホルスターを吊り、そこにコルト三十八口径スーパーの自動拳銃をブチこんでいるからだ。 ...
  • 朝倉の右手は無意識にジーパンのジッパーを引きおろし、内腿うちももにつけていたコルト三十八口径スーパーの自動拳銃けんじゅうを抜き出す。 ...
  • ジーパンのすその折り返しに先端をつぶした二本の針金、内腿うちももには全弾装填そうてんした三十八口径スーパーの自動拳銃を隠した朝倉は、バスケット・シューズをはいて部屋を出ていった。 ...
  • コルト三十八口径スーパーの自動拳銃だ。 ...