三公子

14 の用例 (0.00 秒)
  • 三公子さまに私の佩玉をさしあげましたのは、私のせい一杯の気持です。 駒田信二『中国妖姫伝』より引用
  • 三公子さまはきょうはたいへんお楽しそうですが、なにかよいことがおありでしたの? 駒田信二『中国妖姫伝』より引用
  • 三公子会議の後、安徽派と孫文の広東政権と反直三角同盟を結んだ。
  • 三公子、傑を生かしておいて、兄を殺された四公子が黙っているはずがない。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • 三公子を失えば、すべてを無くす晏妃側が懸命になるのも無理はない。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • 私、いまの三公子さまと同じ年のころ、叔父につれられていって曹大将軍にお眼にかかったことがございます。 駒田信二『中国妖姫伝』より引用
  • ここで三公子を除くことに成功すれば、太子の座ががら空きになる。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • 正夫人たる晏妃に子は、三公子の傑ひとりきりとなれば、なおのことである。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • そのあと大将軍さまが入城してこられて、それからのことは三公子さまもご存じのとおりです。 駒田信二『中国妖姫伝』より引用
  • いまひとつは、兄殺しとなった三公子、傑の処遇についてである。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • 若年より英明で知られ、小笠原明山、本多静山と並んで学問界の三公子と称された。
  • 三公子から新法を適用なさるならば、民心は陛下から離れます。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • やがてアムネリスと結婚した彼は、間もなくしてアルセイスで起こった、ユラニア三公女とクム三公子との合同結婚式のクーデターに遭遇する。
  • 博学の藩主として知られ、高鍋藩主秋月種樹、唐津藩主小笠原長行とともに「天下の三公子」と称された。