三光丸

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 明治の頃から日本各地で三光丸の偽薬が数多く出回り問題となっていた。
  • 同会は、三光丸の配置販売組織として現在も機能している。 ...
  • 同家はまた、農業のかたわら、三光丸をはじめとする家伝薬の製造を副業とした。 ...
  • 役行者が作ったと云われる7世紀末から存在する陀羅尼助丸、後醍醐天皇が命名した歴史書が残っている三光丸をはじめ、各医薬品製造所では多くの和漢薬が医薬品として活用されている。 ...
  • 株式会社三光丸は、奈良県御所市今住にある、配置薬三光丸を製造・販売している日本の製薬会社。 ...
  • 三光丸の創製は鎌倉時代末にさかのぼるとされ、当主の米田家には「『三光丸』の名を後醍醐天皇より賜った」という伝承がある。 ...
  • 米田德七郎らはその後もさらに規約の整備を推し進め、1904年には組織名を「三光丸同盟会」とした。 ...
  • 現在放送中のCMは、三光丸の新マスコットキャラクターである忍者「さんこう丸」が、分身の術を使って30人に分かれ、三光丸の袋に入っていくというもの。 ...
  • この当時に創られた家伝薬としては「三光丸」や「宇津の秘薬」があり、三光丸を作る三光丸本店は鎌倉時代から続く現在日本で最も古い製薬企業とされ、宇津の秘薬はその後宇津救命丸と名前を変えてはいるが、こちらも安土桃山時代から続く製薬企業となっている。 ...
  • 江戸時代に入り、越中国富山と前後して大和国でも配置売薬が始められたが、江戸後期に入ると、三光丸の米田家は南大和の同業者を束ね、大和売薬発展の一翼を担った。 ...
  • このとき土俵上を巡る懸賞幟は、横70cm、縦120cmで黄色地に黒色で「三光丸」の三文字のみを配したものである。 ...
  • 当時、日本の民間薬や売薬に対する明治新政府の政策はたいへん厳しいものであり、このときには受理されなかったものの、10年後の明治27年から商標登録が認められ、以後「三光丸」の名称や「五角形の包装形態」など、次々と商標登録、実用新案登録を行った。
  • 越中富山の万金丹まんきんたんでも、熊の胃でも、三光丸でも五光丸でも、ぐっと奥歯に噛みしめてにがいが男、微笑、うたを唄えよ。 ...
  • 慶応2年、これを憂慮した三光丸の当主米田丈助は、越中国富山の総代3名、加賀領総代2名を招き、大和の売薬業者72名を集めて話し合い、業務協定を結んだ。 ...
  • この他にも森永製菓「森永賞」をはじめとして、清酒大関、毒掃丸、三光丸、イチジク浣腸、豊商事、クリナップ、高須クリニック、タマホーム、伯方の塩、フローラ、大東建託等が懸賞を出している。 ...