三三五五

全て 副詞
25 の用例 (0.00 秒)
  • 館をとりまいて三三五五散らばっている兵士等の姿が暮色の中に見えた。 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用
  • 毎晩、夕食が済むと基地の住民たちは三三五五、連れ立ってやって来る。 ホーガン『ガニメデの優しい巨人』より引用
  • それはちょうど結婚披露宴の列席者たちが三三五五集まって来るのと時を同じくしている。 宇神幸男『消えたオーケストラ』より引用
  • そのうちに三三五五、心配した連中がロビーに集まってきた。 内田康夫『斎王の葬列』より引用
  • 個室でありながらその部屋は大きなガラス窓で通りに面していて、弔問客たちが三三五五帰って行く姿が見えた。 筒井康隆『恐怖』より引用
  • それが解散の合図で、署員たちは三三五五、それぞれの職場に戻る。 佐竹一彦『挙動不審者』より引用
  • もはやアベックが三三五五、園内のあちこちを散策しはじめているではないか。 筒井康隆『原始人』より引用
  • 三三五五、硬質な柱の間に集まってしまった兵士たちは、それでも、自分たちの位置を判断しようと悪戦苦闘した。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 05 離反』より引用
  • 駅の前は、おそらく疎開除去した建物の跡らしく、何となく荒廃した広場になっていて、そこに無数の男や女が三三五五集まって空を仰いでいた。 山田風太郎『戦中派虫けら日記』より引用
  • 土民たちが三三五五、それを遠まきにして見ている。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用
  • イワブクロは、三段山の登山口あたりにいっぱいあったが、近くの吹上温泉の客らしいのが、三三五五、おそれげもなく、手に持ちきれないほどに持っていたのにはびっくりしてしまった。 田中澄江『花の百名山』より引用
  • その日、その直後から三三五五、十人、二十人と組になった男たちが、このちいさな邑をめざして姿をあらわしたからだ。 井上祐美子『五王戦国志8 天壌篇』より引用
  • 広場にはすっかりかたむいてしまった日射しが這い、その中に、三三五五連れ立って下城して行く男たちの姿が動いていた。 藤沢周平『麦屋町昼下がり』より引用
  • 朝のベッド・メイキングの際、患者たちは廊下に出て、獄房から出された囚人のように三三五五かたまっては雑談するが、入星さんは、廊下に出たり出なかったりだ。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • 夜八時、面会客が三三五五、病院のゲートを出ていく。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • 一同は応接室のあちらの隅に三人、カクテル・ラウンジのこちらの隅に四人と、三三五五小人数のグループに別れ、時にはメンバーの交代などをしながら、グラス片手に熱心な議論をはじめた。 筒井康隆/横尾忠則『美藝公』より引用
  • あとの子は市内の各校から放課後、三三五五やってくるのだ。 筒井康隆『不良少年の映画史 PART1』より引用
  • 新しく到着した生徒がハリー、ロン、ハーマイオニーの周りに集まり、三三五五座った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • 静岡県袋井市にあるヤマハが経営する葛城ゴルフクラブに隣接した割烹『北の丸』に五人の紳士が三三五五集まった。 佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』より引用
  • 三三五五、戸外へ出て来た作業要員たちは、あるいは朝からやりかけになっていた穴掘り作業へ、あるいは鉄骨を植えに、あるいは仕事場の棟上げに、散らばって行くが、そんな光景もシューホフの目に入らない。 ソルジェニツィン/小笠原豊樹訳『イワン・デニソビッチの一日』より引用
  • 次へ »