万円貯める

16 の用例 (0.00 秒)
  • 百万円貯めたらという約束を、有馬が一方的に破ったわけではない。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • この経験から1万円貯めるには商売を行うしかないと決意した。
  • 六百円から十万円貯めるまでの苦心中、彼女が誇って良いのはこの一事である。 織田作之助『俗臭』より引用
  • 十万円貯めてからは、たとえば、昼食にはもう鰯だけというようなことはなかったのだ。 織田作之助『俗臭』より引用
  • 三十六歳で始めて一万円貯めた時に生やした口髭は彼の威厳に非常に関係あるものだが、この時はむしろ好色的にすら見えた。 織田作之助『俗臭』より引用
  • 再び磁雷矢がメキシコに渡った後に、もう一度50万円貯めて再度メキシコに渡る。
  • 十万円めていましたよ。 原民喜『永遠のみどり』より引用
  • 十万円貯めてゐましたよ。 原民喜『永遠のみどり』より引用
  • 一千万円貯めることである。 原田宗典『人の短篇集』より引用
  • 一千万円貯めてやるっ! 中村うさぎ『浪費バカ一代 ショッピングの女王2』より引用
  • 「十万円貯めてから後百万円出来るまでより、六百円の金から十万円こしらえる迄が苦労やった」とその後、屡々政江が人に語るその十万円貯める迄の苦心を彼女は回想した。 織田作之助『俗臭』より引用
  • 「十万円貯めてから後百万円出来るまでより、六百円の金から十万円こしらえる迄が苦労やった」とその後、屡々政江が人に語るその十万円貯める迄の苦心を彼女は回想した。 織田作之助『俗臭』より引用
  • まず、その友だちの友だちという人が、仮にその人は貯められたとしても、よほどあなたの決意が固くなければ、一か月で百万円貯める、なんてことはできませんね。 田中康夫『恋愛自由自在』より引用
  • 権右衛門はしかし、往時を回想しているとはいえ、政江と同じ六百円から十万円貯めるまでの径路ではなく、無一文から六百円作るまでの、いってみれば、政江と結婚する迄のことを回想していたのだ。 織田作之助『俗臭』より引用
  • 翌明治36年正月、村を出たい気持ちは益々強くなり遂に奉公に出たい旨を母に告げ、父不在中を見計らい母よりもらった米1俵を現金化した3円60銭を手に、母に1万円貯めると約束して柳桑折1つを背負って大坂で働く長兄栄太郎を頼りに家を出た。
  • やがて同僚であるOL・丸山英子の預金を見た等は、英子に「俺は1円玉を預金して、100万円貯めているんだ」とホラを吹いて、結婚を申し込む。