万光年

349 の用例 (0.00 秒)
  • 何千万光年の星などと聞いても、ちょっと遠いなぐらいにしか感じない。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • これでは二、三万光年の移動となると、莫大なエネルギーを必要とする。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ11 〔映画版〕虹色の地獄』より引用
  • 小柄な見かけにもかかわらず、一万光年の先まで通信を送ることができる。 K・H・シェール『地球への追放者』より引用
  • リングは、太陽質量の1億倍の質量を持ち、長さは20万光年にもなる。
  • この銀河群の地球からの距離は、約4億8000万光年と推定されている。
  • これは二つの天体がせいぜい数万光年の距離しか離れていないことを示している。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • とすると、幾十万光年も向うの星まで、どうしてたどり着くつもりなんです? ブラウン『天の光はすべて星』より引用
  • 万里の思いからは五万光年ぐらいはなれたところを、多分たぶん見ている。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム第05巻 ONRYOの夏 日本の夏』より引用
  • 太陽系からの距離は20万光年で、これは大マゼラン雲の向こう側である。
  • 恒星図がわれわれのものとずいぶん違いますから、何万光年も先から来たんでしょう。 R・エイヴァリー『タンタロスの輪』より引用
  • ぼくたちはまだ二十万光年も離れているんだよ! E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』より引用
  • ところが地球以外の一万光年も遠い所にある星のようなものを相手にする場合には、それが大きくきいてくる。 湯川秀樹『創造的人間』より引用
  • それだけじゃなく、五十万光年ばかり出発地点が遅れている。 E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』より引用
  • 注意: ここで出てくる「隣の」というのは、数千から数百万光年離れている。
  • 地球からは、6500光年から1万光年離れていると推定されている。
  • 隣どうしの銀河の間の典型的な距離はわずか300万光年にすぎない。
  • 星の光が地球に届くくらい、一万光年かけて、彼に私の心が伝わる。 梅田みか『別れの十二か月』より引用
  • だって制御装置は五十万光年までは、しっかりと一点を指し示すことができるんだから。 E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』より引用
  • 地球からは2900万光年から5100万光年離れていると考えられている。
  • 窓は、銀河系宇宙から、数万光年はなれた空間に、ぽつんと開かれていた。 小松左京『ゴルディアスの結び目』より引用
  • 次へ »