万七〇〇〇

17 の例文 (0.00 秒)
  • 使用すると四万七〇〇〇平方キロメートルの範囲内を完全に支配。 ...
  • 一万七〇〇〇円もした。 ...
  • こうして八月半ばには、日本軍の全正面にソ蒙軍総兵力約五万七〇〇〇人が集結した。 ...
  • サイズは時代によっても異なるが、最盛期にはローマを中心としてイタリア中部に四万七〇〇〇平方キロメートルにわたって広がっていた。 ...
  • 突然おそいかかってきた三〇メートル以上の津波で、合計二万七〇〇〇人が死に、九〇〇〇人が負傷し、家屋一万三〇〇〇戸が波に呑まれた。 ...
  • 「合計一八万七〇〇〇余人」という住民はいまの静岡県下、たとえば清水市一つのそれにも足りなかったものであるが、それはともかくとして、この一文には一つ注意しなくてはならぬことがある。 ...
  • たとえば寺が二九〇〇、神社二万七〇〇〇などとあるのはまだしものこと、人口については、「男一九億四千八万二十八人、女二十九億四千八百二十人」というおどろくべき数字があげられているのである。 ...
  • 一階を入ってすぐ左側の部屋が「和合ハイツ107号」、家賃は月に八万七〇〇〇円。 ...
  • たとえば小笠原諸島の西にある西之島は面積七万七〇〇〇平方メートル、その南にできた西之島新島をあわせても二万平方メートルほどでしかないが、この付近の海の深さは約四〇〇〇メートルだから、その大きさはほぼ富士山と匹敵する。 ...
  • 六七〇億円をかけて建設された、日本国内では今のところ唯一、拡張、縮小が可能な可変型のイベント会場であり、競技場として使用した場合の面積一万四六〇〇平方メートル、最大収容人員三万七〇〇〇人。 ...
  • 一株一一九万七〇〇〇円だそうだが、二兆三〇〇〇億円もの売却収入が一体どこに行くものかと眺めていたら、これは国債の償還をするための、国債整理基金特別会計というところに全部ブチ込まれて、一般財源には回らないことになるそうである。 ...
  • ダグはウエスト・バットレスのルート沿いに飛んで植村の姿を求めたが、一万七〇〇〇フィート付近は秒速二七メートルの強風が吹き荒れていた。 ...
  • 大和の前部砲塔六門が距離三万七〇〇〇メートルで、敵艦に初弾を発射、六発の四六センチ砲弾が、敵空母のほうに飛んでいった。 ...
  • スペクトルの赤方偏移から導き出された数値を信じるなら、大きい方の銀河は秒速八七〇〇キロ、小さい方の銀河は秒速一万七〇〇〇キロで地球から遠ざかっていることになってしまうのだ。 ...
  • 第三次ティアマト会戦に比較すれば彼の戦力は格段に増加し、艦艇一万二二〇〇、将兵二四万七〇〇〇を算するが、あくまでも出征軍の一部として、総司令官ミュッケンベルガー元帥のてのひらの上で行動しなくてはならないのだ。 ...
  • 当時の住民は、正倉院文書のなかの資料から推算すると、八世紀には遠江九六郷、九万人、駿河五九郷、七・五万人、伊豆二一郷、二・二万人、合計一八万七〇〇〇余人といわれた。 ...