万一わたし

17 の用例 (0.00 秒)
  • 万一わたしが死亡した場合、国もとであれば早飛脚はやびきやくで江戸屋敷に連絡する。 星新一『殿さまの日』より引用
  • 万一わたしが不幸な目にあっても、そのことだけは忘れないでおいてください。 ルブラン/大友徳明訳『オルヌカン城の謎』より引用
  • 万一わたしが妙な気でも出したら、ねえさん、お前さんはどうしなさるね? 芥川竜之介『お富の貞操』より引用
  • 万一わたしが先に死んだ場合は、地所を全部、その他地上権一切をゆずります。 シェイクスピア/三神勲訳『じゃじゃ馬ならし』より引用
  • 万一わたしが死ねば、勇敢な同志たちは当初の計画を実行に移せなくなるかもしれないのだ。 バローズ『火星シリーズ02 火星の女神イサス』より引用
  • 万一わたしが帰って来なければ、お前さんは囚人めしゅうどを取り逃がしたというので流罪るざいになるかも知れませんが、これまで私のあげた物で不自由なしに暮らして行かれる筈です。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用
  • でも、ボスの男が、万一わたしが隠したんだとしたら記憶が回復した場合その隠し場所を白状するんじゃないかと考えて、わたしを生かしておくことにしたんだそうです。 クリスティ/一ノ瀬直二訳『秘密組織』より引用
  • もうひとつわたしが反省してたいへんに役立ったことで、また万一わたしのように難儀に陥った人にも確かに役立つと思われることがあった。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • その残りも今後同じように価値ある目的に応用できるかもしれないし、万一わたしが生まれた土地に対する尊敬の念から、セイレムの正史というような敬虔けいけんな仕事をする気にでもなった場合、そこに書いてあるだけは、そういう歴史に仕上げることもできない相談ではないであろう。 ホーソン/刈田元司訳『スカーレット・レター(緋文字)』より引用
  • もしそれができたのだったら、わたしは丸木舟いっぱいにお金を積んで何度も運ぶことができ、それをしまっておけば、万一わたしが救われてイギリスへ帰っても、ふたたびとりに来るまで、安全にそのままになっていたであろうからだ。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • 第二に、もし万一わたしがセックス・テープ業界にはいっても、むこうはわたしの性感を使おうとはしない。 ジョン・ヴァーリイ『ブルー・シャンペン』より引用
  • 万一わたしがグラディスのもとから逃げだす気になるとしたら、理由はこんな人を義父として仰がなければならないという、ぞっとするような考え以外にはあり得ない。 ドイル/永井淳訳『失われた世界』より引用
  • 生まれつき最も出来の悪いわたしの性質の中には、 飽くことを知らぬ貪欲が巣くっていて、万一わたしが王にでもなれば、 わたしは貴族の領地目当てに彼らの首をはねるだろう。 シェイクスピア/大山俊一訳『マクベス』より引用
  • 万一わたしがむかし婦人たちのために書き散らした手紙が、わたしのこの手がほんとうに熱情に駆られていたその時のまんまでそっくり残っているならば、中にはひょっとすると、同じ狂気にうつつを抜かしているのんきな若者どもに見せるにたりるものも幾ページかあるかもしれない。 モンテーニュ/関根秀雄訳『モンテーニュ随想録抄』より引用
  • 万一わたしが帰らない場合の指図をカーソリスとゾダールにいい残して、みなに別れを告げ、疾風しっぷうのような早足で街にむかった。 バローズ『火星シリーズ02 火星の女神イサス』より引用
  • お父さんがなくなった時、新しい悲しみのあまりわたしは、ひざまずいて、この人たちと同じように、お父さんをよみがえらせ、あわれな子供たちに返して下さいますようにと、お祈りをしましたが、もし万一わたしも全快しないで死んでしまったら、たぶん、トムはわたしのために同じお祈りをしようと考えることでしょう。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(2)』より引用
  • しかし、もっと大きい動機は、もし万一わたしが死ぬのを見たら、すでに頼るものもなく途方に暮れているドルカスが心を痛めるだろうと、漠然と察知したからである。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用