万一の可能性

6 の用例 (0.00 秒)
  • 百合沢は本来の瀬川の指紋を有しているわけで、刑事課長はその万一の可能性が無視できなかった。 夏樹静子『風の扉』より引用
  • だったら、万一の可能性に賭けて敵を沈めに掛かった方がいい。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • 通常ソナーを使い、万一の可能性に賭けて包囲網を強行突破するか? 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • これは作者の新説のつもりだが、どう考えても本多正信は、そのとき以前から家康と何らかの連絡を持っていて、しかも彼自身は或る万一の可能性に具えて動いていたものとしか思われない。 山田風太郎『忍法流水抄』より引用
  • リュッケはシュトライトらとともに、「皇帝はすでに脱出された」といつわりの報告を受け、やがてその虚報たることを知って皇帝たちをさがしまわっていたのだが、万一の可能性を考えて、湖水へ先まわりしていたのである。 田中芳樹『銀河英雄伝説 09 回天編』より引用
  • いまや私はアヘンびんに向かって残りおしげな、不安な視線を投げつけておいて、万一の可能性をたのみ、危険をおかそうとしているのではないか? ドイル/延原謙訳『ドイル傑作集 冒険編』より引用