万一のこと

377 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は神中に万一のことがあったのではあるまいかと思ってびっくりした。 田中貢太郎『雀が森の怪異』より引用
  • もし子供に万一のことでもあれば、彼の責任ということにされてしまう。 森村誠一『精神分析殺人事件』より引用
  • 更科さんに万一のことがあれば、彼の精神は崩壊ほうかいしていたかもしれない。 野村美月『文学少女シリーズ03 “文学少女”と繋がれた愚者』より引用
  • 万一のことがあっては奥方おくがたにも危険がおよぶということは考えなかった。 海音寺潮五郎『天と地と(三)』より引用
  • 万一のことを思って持ってきたナイフだが、今となっては必要もない。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 休が弱い亀丸に万一のことがあったときを考え、養子にせよと言うのだ。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 留守るすのあいだに万一のことでも起こってなければよいと思ったからである。 ドイル/延原謙訳『シャーロック・ホームズの最後の挨拶』より引用
  • 夫人に万一のことがあったら、自分も社長の座にはいられない、と思った。 赤川次郎『女社長に乾杯!』より引用
  • もしも皇居に万一のことがあれば、われわれとて無事ではあり得ません。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(八)』より引用
  • もし万一のことがあれば、わたしの部屋にある机の抽斗ひきだしをご覧ください。 荒俣宏『帝都物語6』より引用
  • その出口は万一のことを考えて、しっかりかぎがかけてあったはずなのです。 桐生操『きれいなお城の怖い話』より引用
  • それに父の加減はよほど悪くて、いつ万一のことがあるかわからなかった。 福永武彦『忘却の河』より引用
  • こんな光栄を持つ夫人に万一のことがなければよいとだれも思った。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 万一のことを考えて、少しでも被害ひがいを小さく食い止めるようにしては? 赤川次郎『殺人はそよ風のように』より引用
  • そこで気になるのは、もし自分に万一のことが起こったさいの女房のことだ。 山田風太郎『八犬傳(上)』より引用
  • ロバートは自分の身に万一のことがあったら、新しい幸せを探せという。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • とにかく船に万一のことがないよう、気をつけないといけません。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • 混乱の中、定次郎に万一のことがあってはならないとの配慮であった。
  • それから月で万一のことが起きても、おたがうらみっこなしでいきたい。 野尻抱介『ロケットガール 03』より引用
  • 万一のことを心配して、善意からこっそり保険に入ってるっていうのはな。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 次へ »

万一のこと の使われ方