七草

全て 名詞
339 の例文 (0.01 秒)
  • だからこれが七草家のやり方ではないと断言することはできない。 ...
  • あるいは七草家の意向で行われたことではなく、防諜第三課の暴走なのか。 ...
  • 七草が過ぎた明け方、章次の父親は意識が回復しないまま息を引き取った。 ...
  • ちょうどその頃、七草家当主・七草弘一こういちは予定の客を迎えていた。
  • 克人かつとと真由美は、それぞれ十文字じゅうもんじ家と七草家を代表してこの場に来ているのだった。 ...
  • 七草や十五日の小豆粥だけは、男がこしらえるに定まっている家もある。 ...
  • ナヅナ七草ななぐさ用意よういはやいたしてかぬと、いま唐土とうどとりわたりてるぞよ。 ...
  • けれども午後には七草ななくさから三月の二十何日かまで、一度も遇ったと云う記憶はない。 ...
  • 七草家の、といっても、それは事実上真由美の為に作られた施設だ。 ...
  • だが今日の訪問は克人が真由美と二人で七草家当主・七草弘一に会う為のものだ。 ...
  • けれども午後には七草ななくさから三月の二十同日かまで、一度もったという記憶はない。 ...
  • 七草といえば、清兵衛が殺された日のことであった。 ...
  • 七草の魔法師を害する能力の持ち主であれば、考えられるのは強化兵か魔法師だろう。 ...
  • 真由美が何を約束しようと、結局、七草家の耳には入るだろう。 ...
  • 祖父の代には七草の朝は、皆な揃つて早朝に起きて元日のやうに祝儀を述べた。
  • 南部には私大わたくしだいがあって一日ずつおくれ、七草はすなわち八日の日の行事であった。 ...
  • もし七草家の仲間になっていたとしたら厄介よね。
  • 次へ