七草粥

全て 名詞
42 の例文 (0.00 秒)
  • 七草粥は七草すべてが使用されるわけではなく、また地方によっても食材が異なる場合がある。 ...
  • 七草粥は道教の北斗七星信仰からきている、だから七夕もそうだね。 ...
  • 正月に七草粥を炊いた薪で女性の尻を打つと健康な子が生まれるという公家の遊びが伝わったものである。 ...
  • 七草粥の頃には春の七草がセットで販売されるが、それにナズナと称してタネツケバナが入っている例がある。 ...
  • 日本の七草粥と同様に、朝鮮でもナズナの若葉を粥に入れて食する習慣が古くからあったといわれる。 ...
  • 独特の香りを持ち、日本では春先の若い茎や根をお浸しや酢味噌和え、七草粥とする。 ...
  • ただ、今日でも人日の節句の七草粥など「節句料理」として残っているものがある。 ...
  • このことから今日行われている七草粥の風習は、中国の「七種菜羹」が日本において日本文化・日本の植生と習合することで生まれたものと考えられている。 ...
  • また、雪深い東北地方や北陸地方では、1月7日の七草粥のかわりとして小豆粥を食べる地域もある。 ...
  • 蔵王帰りの多美子が、初出勤をして来たのは、七日の朝、耕平が新聞を見ながらおそい七草粥を食っているところであった。
  • 七草のように別々である夫婦が、七草粥がゆのように一緒にまじり合って、互いの息災を祝っている図。 ...
  • 七草がゆもいわいおわって、屠蘇とそきげんからそろそろ覚めてもよい正月十日の晩のこと。 ...
  • また地域によっては「七草粥」や「初午のからし和え」などの行事食にも用いられる。 ...
  • あれは正月三ガ日がまたたく間にすぎ、七草がゆの七日頃で、突然、大阪にいるただ一人の兄から電話がかかってきて、 「お前、俺と一緒に『巨泉まとめて百万円』に出てくれよ」 というのである。 ...
  • 数少ない日本原産の野菜のひとつで、春の七草として古くから親しまれ、七草粥にも使われている。 ...
  • どぶが、町小路邸へ現れたのは、小夜が、七草がゆを、左門の前へはこんだ夕時であった。 ...
  • 「そなたも、感じたか」 七草粥にむせた孝子の方のしぐさが、つわりに見えたのである。 ...
  • 次へ