七草弘一

全て 名詞
12 の例文 (0.00 秒)
  • ちょうどその頃、七草家当主・七草弘一こういちは予定の客を迎えていた。
  • だが今日の訪問は克人が真由美と二人で七草家当主・七草弘一に会う為のものだ。 ...
  • 父からの、いえ、七草家当主、七草弘一こういちからのメッセージをお伝えします。
  • 七草弘一は右の眼球と同時に恋人を永久に失った。 ...
  • その頃書斎では、当主・七草弘一が腹心の名倉なくらへ苛立ちを隠し切れない不機嫌な顔を向けていた。 ...
  • どちらかと言えば線が細い身体つきで、威厳より人当たりの良さを感じさせる顔つきをしており口調もそれに応じて柔らかだが、家族に有無を言わさぬ家長主義的なところは七草弘一も十師族当主の例に漏れない。 ...
  • 「良く調べましたね」 応接室で克人との面談に応じた七草弘一は、反魔法師報道の一方を使嗾しそうしているのは貴方あなたですか、という質問形式の推測をあっさり認めた。 ...
  • 真夜と共に台湾を訪れた七草弘一さえぐさこういちは誘拐犯との戦闘により右手、右足の裂傷及び骨折と、右の眼球を失う大怪我を負っているのだから。 ...
  • 文弥の「細かい話」には七草弘一が九島烈に共謀を持ち掛けたことまで含まれていたのだ。 ...
  • 達也は七草家の当主・七草弘一の為人ひととなりを知らない。 ...
  • 七草弘一との駆け引きは、彼女の判定負けだった。 ...