七草家

65 の例文 (0.00 秒)
  • 担当地域では七草家と共に東京首都を担当し、戦闘部分を担っている。 ...
  • 腹心と言っても名倉は七草家の身内ではなく傭兵と言うべき立場の者だ。 ...
  • もし今回の一件が七草家の指示で行われたのだとして。 ...
  • だからこれが七草家のやり方ではないと断言することはできない。 ...
  • あるいは七草家の意向で行われたことではなく、防諜第三課の暴走なのか。 ...
  • 克人かつとと真由美は、それぞれ十文字じゅうもんじ家と七草家を代表してこの場に来ているのだった。 ...
  • 七草家の、といっても、それは事実上真由美の為に作られた施設だ。 ...
  • だが今日の訪問は克人が真由美と二人で七草家当主・七草弘一に会う為のものだ。 ...
  • 真由美が何を約束しようと、結局、七草家の耳には入るだろう。 ...
  • もし七草家の仲間になっていたとしたら厄介よね。
  • 事実、七草家と十文字家の間ではそういう話もあるのだ。 ...
  • だが七草家当主はそう簡単に尻尾しっぽを掴ませる相手ではない。 ...
  • その飛行船は七草家とのつながりを噂されている情報部防諜第三課のものだと思われます。 ...
  • 「七宝君が七草家を侮辱したんです」 花音の視線が琢磨へ移動する。 ...
  • 父からの、いえ、七草家当主、七草弘一こういちからのメッセージをお伝えします。
  • 次男は旧第七研とは別に七草家が設立した魔法研究所にずっと泊まり込んでいて、ほとんどそちらが住居になっていた。 ...
  • 二つ目は、七草家が音頭を取り十文字家が続く形で組織された、十師族の捜査チーム。 ...
  • 次へ