七草がゆ

全て 名詞
23 の例文 (0.00 秒)
  • 他地方の七草がゆに相当する小正月の行事食として作られている。 ...
  • それも七草がゆのその七日の朝でした。 ...
  • また、この日には7種類の野菜を入れた羹を食べる習慣があり、これが日本に伝わって七草がゆとなった。 ...
  • しかし正月の七草がゆ、あずきがゆのように具がはいっていても、おかゆと呼ぶような特殊なものもあります。 ...
  • 江戸時代には弘前藩への献上品とされ、ご当地七草の1種として七草がゆに入れるなどして食べられた。 ...
  • 七草がゆの際には、春の七草のナズナと間違えられる例もある。 ...
  • せりの旬は、七草がゆの時期を含む冬から春先にかけて。 ...
  • 七草がゆを食べることから七草の節句ともいう。 ...
  • 秋の七草はそれを摘んだり食べたりするものではなく観賞するためのものであり、ゆえに「秋の七草がゆ」というものも存在しない。 ...
  • 飾りを外す日も地域によって異なり、1月7日に七草がゆを食べた後、若しくは15日の小正月の後に外すとされる。 ...
  • 七種の節句とはこの七草がゆを食べる行事を言う。 ...
  • 正月も七日になると、門松を取り払い、七草がゆを食べて、正月も一区切りということになる。 ...
  • 七草がゆのあたたかみが、まだ腹の底からきえやらぬお昼まえから降りはじめた雪が、根雪のうえにふりつもって、吹きだまりではゆうに一尺はこえたであろう。 ...
  • 三船久蔵は明治十六年旧一月七日、七草がゆの朝に生まれた。 ...
  • この7種の野菜を刻んで入れたかゆを七草がゆといい、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。 ...
  • むかしは「食っちゃ寝の正月」の腹ぐあいをちゃんと計算に入れて行事食の一つに、七草がゆ、十五日にはあずきがゆを用意することを忘れませんでした。 ...
  • 七草がゆのように、野草特有の自然なあく強さや苦味も味わう。 ...
  • 次へ