七光年

34 の用例 (0.00 秒)
  • ぼくたちは地球から二百三十七光年ばかり離れたどこかに漂っている。 E・E・スミス/川口正吉訳『宇宙のスカイラーク』より引用
  • 次のご報告の時には、現在の地点から八・七光年の所に達しているはずです。 ホーガン『創世記機械械』より引用
  • 百三十七光年先の地球にいるはずのユミコ・Kがぼくの目の前にいたのです。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • 地球の大調査隊が二十七光年はなれたヴェガ星系に来てから、もう数週間がたつ。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『08 銀河の時空を抜けて』より引用
  • 加速と減速を考えれば、数時間で二十七光年をあとにすることになるのだ。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『08 銀河の時空を抜けて』より引用
  • でも、ぼくがあなたを好きになっても、地球とぼくとの間に百三十七光年もの距離があるんですね。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • 銀河の規模からすれば、二十七光年のミスは微々たるものにすぎない。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『05 決戦! ヴェガ星域』より引用
  • だが、二十七光年はなれた星系にも関係があるようだ。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『08 銀河の時空を抜けて』より引用
  • たった二十七光年先のところに生じた侵略を手をこまぬいてながめているつもりはない。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『05 決戦! ヴェガ星域』より引用
  • 主航法子にとって母都市はすべてであり、二・七光年離れていても彼はその一部でありつづけていた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 01 星界の断章 Ⅰ』より引用
  • ここは銀河文明の辺境で、太陽系から百三十七光年も離れています。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • ここは天文学者たちの信ずべき計算によると、母なる地球から二十七光年はなれている。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『07 六つの月の要塞』より引用
  • 二十七光年もへだたっている二つの星の間では、なおさらそうにきまっている。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『08 銀河の時空を抜けて』より引用
  • 二十七光年をこえる超空間ジャンプには細心の注意が必要だった。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『06 時間地下庫の秘密』より引用
  • 地球とフローズン・ピクルスの間には百三十七光年という絶望的な距離が横たわっているのです。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • それも故郷から二十七光年はなれた巨星をめぐる惑星上で! 宇宙英雄ローダン・シリーズ『07 六つの月の要塞』より引用
  • 徐々にかれの精神には、二十七光年の遷移にそれとわかるほどの時間をも要しなかったことが明らかになった。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『06 時間地下庫の秘密』より引用
  • 超空間電波は、二十七光年をこえるのに時間を必要としない。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『07 六つの月の要塞』より引用
  • それにとっては一光年も二十七光年も同じこと。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『06 時間地下庫の秘密』より引用
  • 二十七光年を一瞬にこえるジャンプに必要な計算は、すでに目標星を正確にとらえて進行中だった。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『05 決戦! ヴェガ星域』より引用
  • 次へ »

七光年 の使われ方