一軍ヘッド兼打撃コーチ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 翌2005年には一軍ヘッド兼打撃コーチに昇格した。 ...
  • には山下大輔監督の下で20年ぶりに古巣に復帰し、横浜一軍ヘッド兼打撃コーチを務めた。 ...
  • からは再び大矢の下、横浜で一軍ヘッド兼打撃コーチに就任したが、チーム成績が最下位と低迷した責任をとる形で限りで解任、その後横浜のフロントで編成部門を担当することになった。 ...
  • 翌には一軍ヘッド兼打撃コーチとなり、シーズン終盤には監督の山田久志が解任されたため、監督代行として20試合指揮を執った。 ...
  • 後任には中西太一軍ヘッド兼打撃コーチを経て、土橋正幸一軍投手コーチが就任。 ...
  • は一軍ヘッド兼打撃コーチとなったが、チームの打率と得点がリーグ5位、本塁打数がリーグ最下位に低迷し、チームも17年ぶりの最下位に終わった。 ...
  • イチローの打ち方は、一軍ヘッド兼打撃コーチの山内一弘を始め小川亨・米村理・大熊忠義一軍打撃コーチや米田哲也投手コーチなどから理解を得られず、周囲から否定された。 ...
  • 梨田監督の辞任を受けて、6月17日の対阪神戦から一軍ヘッド兼打撃コーチの平石洋介が監督代行に就任した。
  • シーズン最下位の責任を取る形で金本監督が退任、片岡篤史一軍ヘッド兼打撃コーチが打撃不振の責任を取り辞任し、また坂井信也オーナーも辞任となった。 ...
  • は3度目の毎日放送野球解説者・スポーツニッポン野球評論家を再び務め、に監督の東尾修に請われライバルチームである西武ライオンズ一軍ヘッド兼打撃コーチに就任。 ...
  • からはヤクルト一軍ヘッド兼打撃コーチ、4月には武上四郎辞任に伴い監督代行を務めるも、体調不良と成績不振のため18試合で辞任。 ...
  • 北海道日本ハムファイターズ一軍ヘッド兼打撃コーチ。
  • 引退後はにドジャースで1年間学び、帰国後は中日の二軍打撃コーチ・ヘッドコーチ、ロッテの一軍打撃コーチ・二軍打撃コーチ・チーフコーチ・二軍監督・一軍ヘッド兼打撃コーチ、フロントを歴任。 ...
  • からまでサンケイスポーツの野球評論家、2010年3月1日から3か月間阪神大学野球リーグ2部に所属する追手門学院大学の特別コーチ、から4年ぶりに西武一軍ヘッド兼打撃コーチを務めるが、10月15日付けで退団。 ...
  • right|thumb|200px|日本ハム一軍ヘッド兼打撃コーチ時代にオリックスの二軍打撃兼内野守備走塁コーチに就任し、には二軍守備走塁コーチ、にスカウトへ転身した。 ...
  • 引退後は阪急一軍打撃コーチ、西武一軍打撃コーチ、南海一軍打撃コーチ、横浜一軍ヘッド兼打撃コーチ、ロッテ一軍ヘッド兼守備コーチ・ヘッドコーチを務めた。 ...