一見似ている

16 の用例 (0.00 秒)
  • また、一見似ている2種類が全然別の種類から進化していたというケースもある。
  • 院内学級とは一見似ているが、その目的も援助も若干異なっている。
  • 一見似ているサシガメ科と違って頭部を前葉と後葉とに区分する横溝はない。
  • 一見似ているビルマニシキヘビと違い、非常に攻撃的で獰猛である。
  • 一見似ているBMXバイクとも共通部品はほとんどなく、以下のような特徴を備えている。
  • 接語と接辞は一見似ているが、語として機能する接語と、語の中に現れる接辞とは構造上全く異なる。
  • シャコ目は、分類上重要とされる付属肢の形態が、一見似ているエビ類などと大きく異なっているため別の亜綱として分けられている。
  • 番組は毎回、正反対の性質を持つ2つのものやライバル関係にある2つのもの、一見似ているようで実際には異なる2つのものなどをテーマに取り上げていた。
  • シッチンの「惑星の衝突」の考え方は、45億年前に新しく形成されたばかりの地球にある天体が衝突することにより月が形成されたとする、現代の天文学者の間で真剣に議論されているジャイアント・インパクト説と一見似ているように見える。
  • これを「誘惑理論」と呼ぶが中身は外傷理論に一見似ている。
  • 八木・宇田アンテナと一見似ている様に見受けられるアンテナであるが給電点の数などが異なる。
  • この説に従えば、鰭脚類というグループは、平行進化をしたために一見似ているだけの、本来は互いに無関係な2つの動物群を含んでおり、厳密に言えば、1つの分類群とするのは正しくないことになる。
  • また、制服についても一見似ているが、中高一貫校の方が高価な素材を使ったり、校舎や卒業式挙行を別々に行ったりするなど、学校法人側でも差別化・序列化を図っていることがある。
  • 近年、日本で批判されている「ゆとり教育」に一見似ているが、家庭学習を重視し宿題が比較的多く、成績別教育により成績下位者への支援態勢が特に手厚くなっているなど、その実態はかなり異なる。
  • ロジスティック方程式の形式は、ロジスティック写像と同様に変数が大きくなると負のフィードバックが働く点など一見似ているが、振る舞いは相当に異なる。
  • たとえば殻高1cm程度のマメタニシは、別目の吸腔目のエゾマメタニシ科に属する淡水生貝類で、形や生態も一見似ているが蓋は白っぽく硬い石灰質であることで区別できる。