一見似

33 の用例 (0.01 秒)
  • また、一見似ている2種類が全然別の種類から進化していたというケースもある。
  • これは超能力と関係のない未来予測と一見似ているけれども、まるきり違う。 眉村卓『不定期エスパー2』より引用
  • 院内学級とは一見似ているが、その目的も援助も若干異なっている。
  • 一見似ているサシガメ科と違って頭部を前葉と後葉とに区分する横溝はない。
  • 別属だが一見似た樹種にオオバベニガシワ がある。
  • 名称や姿が一見似たものにサシガメ科があるが、両者は色々な点で異なっていて近縁とは言えず、別の上科に分類される。
  • 一見似ているビルマニシキヘビと違い、非常に攻撃的で獰猛である。
  • これはアッキガイ科やイトマキボラ類にある外見が一見似た種類とはやや異なる傾向と言える。
  • けれど、私と彼の思い描く結婚の形は、一見似ているようでも金星と火星くらい違っていた。 山本文緒『結婚願望』より引用
  • 一見似ているBMXバイクとも共通部品はほとんどなく、以下のような特徴を備えている。
  • 一見似たものが多いが殻口内の橙色を目安にすれば識別しやすい。
  • 接語と接辞は一見似ているが、語として機能する接語と、語の中に現れる接辞とは構造上全く異なる。
  • シャコ目は、分類上重要とされる付属肢の形態が、一見似ているエビ類などと大きく異なっているため別の亜綱として分けられている。
  • 何となれば、その鋭さは真の赦しの徳を得た人には深いレリヂァスなものとなるけれど、ズボラは真の赦しの心と一見似て実は最も遠いものだからである。 倉田百三『善くならうとする祈り』より引用
  • なんとなればその鋭さは真の赦しの徳を得た人には深いレリジャスなものとなるけれど、ズボラは真の赦しの心と一見似てじつは最も遠いものだからである。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • 製剤学的な加工が全て目に見える形に反映されるわけではないので、一見似たような剤形であっても種々の工夫が施されており、同一成分であってもまったく同一な効果を示すわけではない。
  • さけとますとは、素人目には一見似たものではあるが、味から言えば、さけよりますの方がはるかに優る。 北大路魯山人『塩鮭・塩鱒の茶漬け』より引用
  • 番組は毎回、正反対の性質を持つ2つのものやライバル関係にある2つのもの、一見似ているようで実際には異なる2つのものなどをテーマに取り上げていた。
  • シッチンの「惑星の衝突」の考え方は、45億年前に新しく形成されたばかりの地球にある天体が衝突することにより月が形成されたとする、現代の天文学者の間で真剣に議論されているジャイアント・インパクト説と一見似ているように見える。
  • これを「誘惑理論」と呼ぶが中身は外傷理論に一見似ている。
  • 次へ »