一見する

923 の用例 (0.00 秒)
  • 手紙では三十八歳ということであるが、一見したところ三十前後である。 森村誠一『致死眷属』より引用
  • この事実は、一見すると自然選択説の予想と矛盾するように感じられる。
  • 一見すると、これはあまりに厳しい要求のように思われるかも知れない。 永井均『ウィトゲンシュタイン入門』より引用
  • 一見すると島式交換型だが、駅舎側のホームには線路が敷かれていない。
  • 利他的行動は、一見すると自然選択説と直接に対立するように思われる。
  • 用もないのに道をきいたりしたのは、あの男を一見したかったんだね? ドイル『赤髪組合』より引用
  • あまりな勢急さであるために一見すると完全に瞑目してゐる通りに見えた。 牧野信一『沼辺より』より引用
  • なんと言いましても私は一見してかわゆい羊人形にしか見えませんから! 谷川流『電撃!!イージス5 第02巻』より引用
  • 午後一番に窓口に現れた客は、一見して東洋人ではないことがわかった。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 単なる警戒ではなく侵入者を想定した行動だというのは一見して分かった。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 02 ロマンティック・クリムゾン』より引用
  • 一見して相手に警戒心を抱かせるような人物は探偵として不適当であろう。 半村良『下町探偵局PART1』より引用
  • 一見しただけでは、そこにそんなものがあるとはまず分らないだろう。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • 一見して市の沿岸部から来たと知れるのは、タイヤが付いているからだ。 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The First Compression 圧縮』より引用
  • 室内の様子は、一見したところ四日前とまったく変わっていなかった。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • とにかくその男を一見してみなければ気持がおさまらなくなったのである。 坂口安吾『桂馬の幻想』より引用
  • 誰が見ても米友とほかの人とは一見して区別がつくのであります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • その野差刀も、武蔵は一見したことがあるが、生れからの野差刀ではない。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • 一見したところ銀製のようで、表面に美しい竜の彫刻がなされています。 原田宗典『旅の短篇集 春夏』より引用
  • その紳士がエヴァの父親であることは、一見して、もう明らかであった。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用
  • 一見しただけでは料理屋の庭園か、ただの林のようにしか見えないだろう。 玉木ゆら『月にむらくも、恋嵐』より引用
  • 次へ »

一見する の使われ方