一見さんお断り

14 の用例 (0.00 秒)
  • 製作者も初見の者は念頭に置いておらず「一見さんお断り」とのこと。
  • 京都のお茶屋は一見さんお断りで、なじみ客の紹介がなければ入れないのが一般的である。
  • 一見さんお断りと言えば、そのようにお店に全く関わりのない初めての人は入店を断られる場合がある事を意味する。
  • 会員制とかで一見さんお断りとか、そういう正真正銘の超セレブ空間ですか!? 鎌池和馬『とある科学の超電磁砲』より引用
  • 京都のお茶屋はトラブルを避けるため特に紹介がなければ入れない、一見さんお断りとする店も多い。
  • また、紹介する店も誰でも手軽に入れる様なものから一見さんお断り・・・の雰囲気を持つところや果ては1日一組しかお客を取らない超高級店まで幅広い。
  • しかも楊さんの店は、基本的に一見いちげんさんお断りだ。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • かつては、格式ある待合・料亭は一見さんお断りが当然であったが、不況や観光資源化により初めてでも入店できる店も増えてきている。
  • 登場する店の中には、裏メニューが常連でなくても初回訪問時から注文できる「1J」の場合もある一方で、そもそも一見さんお断りで常連客の紹介がないと入店すらできないの店もあり、その扱いにはバラつきがある。
  • それでも親切に京言葉の魅力や、「一見さんお断り」に込められたおもてなしの精神などを教えてくれる京野に、春子は初めての恋をする。
  • 以前までは一見さんお断りだったが、不況や娯楽の多様化や官々接待の激減により低迷したために近年撤廃し、一般市民の集客に切り替えた。
  • 歴代総理大臣、政治家、財界人、作家、画家などが顧客の一見さんお断りの料亭であった。
  • なお「一見さんお断り」のため非公開だが、同日島原「輪違屋」のお座敷でも「お化け」の際の特別な宴が開かれている。
  • いわゆる「一見さんお断り」である。