一見ごく普通

11 の用例 (0.00 秒)
  • そこには一見ごく普通の、沿岸貿易によく使われる種類の船が停泊していた。 エディングス『エレニア記5 聖都への旅路』より引用
  • 一見ごく普通のバーのようだが、実態は全く違っていた。 山本弘/安田均/高井信『妖魔夜行 しかばね綺譚』より引用
  • 一見ごく普通の少年だが、超能力を持っている。
  • 一見ごく普通の眼鏡でしたが、その左右のこめかみの場所に、小指の先ほどの大きさでしょうか、小さな機械がありました。 時雨沢恵一『キノの旅 第08巻』より引用
  • 一見ごく普通の紺のスーツに見える前衛ブランド品を秘かに身につけ、気を張っている学生もいるそうだ。 鷲田清一『てつがくを着て、まちを歩こう ―ファッション考現学』より引用
  • 彼女は一見ごく普通の女生徒だが、一部分が丸々ネコだった。
  • 一見ごく普通の日本の都市に見えるが独自の奇妙な行事、習慣、信仰が数多く存在しており、しばしば来訪者を困惑させている。
  • 「緋の祝祭」が、いくつかのオブジェの組み合わせから鳴る抽象度の高い作品だったのに対して、こちらは意外なほどに写実的な筆致で、一見ごく普通の風景が描かれているのだった。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 彼らは一見ごく普通のアメリカ人の一家のようだが、実は主のフレッドは本名をジョヴァンニ・マンゾーニという元マフィアで、家族ともどもFBIの証人保護プログラムを適用され、偽名を名乗って世界各地の隠れ家を転々としていた。
  • ふすまの内側は、一見ごく普通の押し入れだ。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第01巻』より引用
  • 藤原拓海は一見ごく普通の高校生だが、父が営む「藤原とうふ店」の配送を手伝い、秋名山の峠道で日々AE86型スプリンタートレノを走らせるうちに、非凡なドライビングテクニックを身に着けていた。