一縷

全て 名詞
559 の例文 (0.01 秒)
  • だが、一分また一分と時間がたってその一縷の希望もうすれてしまった。 ...
  • 一縷いちるの期待をかけていた一九九九年に何かが起こるわけでもなかったしな。 ...
  • 相手を陥落させる可能性が一縷いちるでもなければ戦争とは認められません。 ...
  • 一縷いちるの望みをかけて、隣合う小屋にも行ってみたが、そこも同じだった。 ...
  • ただしそれに米国民がついてゆかぬかも知れぬという一の望みあり。 ...
  • こうして手紙かいているということは、一縷のわたしたちの人生的糸です。 ...
  • 父の目には、こんな子にさへ一縷の希望を繋いで死んで行つてくれた。 ...
  • この一の希望を持って、左門は、尚も刀箱を見据えているのであった。 ...
  • もしかするとこの娘はそうした可能性に一縷いちるの望みをかけているのだろうか。 ...
  • それはどこかにそっと一縷いちるの望みを残しておきたいという人間の弱点であった。 ...
  • それをきくと、見る見る眼前に一縷の光が流れこんでくるやうに感じた。 ...
  • しかしそれでもロス氏の頭の隅には、まだまだ一の望みが宿っていた。 ...
  • 統帥がいれば脱出に成功するのではとの一縷の希望を抱いていたからである。 ...
  • あらゆる手がかりを絶たれた捜査陣は、この日に一縷いちるの望みを寄せていた。 ...
  • そして、彼が心ひそかに念じている一縷の望みも日一日と崩れて行くのだった。 ...
  • さうではなくつて、意外にも又一縷の希望が萌して来たからでございます。 ...
  • 相手が、ふつうの人間なら、どこかに一縷いちるの望みが見えたかもしれぬ。 ...
  • 次へ