一緒に夕飯

34 の用例 (0.00 秒)
  • 兄の居間で、兄と一緒に夕飯の膳についた時に、通之進が弟にいった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 10 閻魔(えんま)まいり』より引用
  • 一緒に夕飯でも、などと言い出される前に、ジュウは帰ることにした。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • その一日の仕事の帰り途、市場へまわって夫婦は一緒に夕飯のための材料を買いました。 宮本百合子『キュリー夫人の命の焔』より引用
  • それでとうとう、あるとき家のなかに入れて、一緒に夕飯を食った。 宮部みゆき『クロスファイア下巻』より引用
  • 最低週に三日、杉山は家族と一緒に夕飯をとるようにしている。 鈴木光司『仄暗い水の底から』より引用
  • 最後にみんなで一緒に夕飯を食べるはずだったけど、お姉ちゃんだけは身体の調子が悪いらしくて来られなかった。 伊藤たかみ『ミカ!』より引用
  • 芳恵の両親と妹と弟と一緒に夕飯を食べ、九時すぎに辞した。 山田太一『遠くの声を捜して』より引用
  • 私は友達を一緒に夕飯を食べるやうにと引き止めた。 ゴールドマン・エマ『子供の保護』より引用
  • これなら予定通り一緒に夕飯を食べられる。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 05』より引用
  • 家には人の好いおかみさんと子供たちが、一緒に夕飯を食べようと首を長くして待っているからだ。 三好十郎『炎の人——ゴッホ小伝——』より引用
  • マリオン様と奥様はご一緒に夕飯をとられましたが、バーニス様がお帰りにならないのを大変気にしておられましたわ。 クイーン/石川年訳『フランス・デパート殺人事件』より引用
  • 土地の人達の心づくしから、その晩は宿の二階で鷄二と一緒に夕飯の馳走になつた。 島崎藤村『山陰土産』より引用
  • 私は此女と一緒に夕飯を食堂で食べました。 林芙美子『シベリヤの三等列車』より引用
  • あ、そういえば、一緒に夕飯を作って食べていけばいいって、そのファンの男の子に言ったらしいのよね、夢崎さん。 椹野道流『鬼籍通覧6 亡羊の嘆』より引用
  • たまたま家族全員が揃ったので、一緒に夕飯を食べた。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • 一緒に夕飯でも食ひませう。 坂口安吾『狼園』より引用
  • 沖田と一緒に夕飯を食っていると、庭先でかさこそと足音がする。 司馬遼太郎『燃えよ剣 01 (上)』より引用
  • その夜は、私より早くお父さんが帰ってたんで、久し振りにお母さんと三人で、一緒に夕飯を食べた。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • ヴェルサイユを出発する前、二人の囚人に気晴らしをさせてやろうと一緒に夕飯をおごってやった。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(4)』より引用
  • 旅を思い立つように成ってからは客も多く、岸本は家のものと一緒に夕飯の膳にくことも出来ない時の方が多かった。 島崎藤村『新生』より引用
  • 次へ »