一矢報いる

52 の例文 (0.00 秒)
  • チームのエースを失ったマブスはその後一矢報いるも2勝4敗で敗れた。 ...
  • 新人選手全体で見てもこの年の最高リザルトを獲得し、一矢報いる結果を残した。 ...
  • そして元の醜い肉体は保存されており、それを利用して自分を追放した者たちに一矢報いるつもりだということを告げてしまう。 ...
  • 最終節の浦和レッズ戦に勝利し一矢報いるも天皇杯終了後に退任した。 ...
  • そのため、石井に助太刀して鳩山系の岸に一矢報いることを考えていたのである。 ...
  • 敵一族に一矢報いる刃になっただろう。 ...
  • その頃、スチュワートはテディに一矢報いる機会を虎視眈々と窺っていた。 ...
  • 一矢報いっしむくいることはできないものでしょうか。 ...
  • そなたに一矢報いるのがわたくしの務めと心得ております。 ...
  • ルーズベルトも大統領への返り咲きはならなかったものの、タフトに対い一矢報いることにはなった。 ...
  • パリに到達した彼らは随所に火を放ち、ベルニエールは王ルイに一矢報いることに成功した。 ...
  • これがここまで大会1失点のGKホープ・ソロの牙城を破って一矢報いる形となった。 ...
  • 頼通は表面上は整理令を受け入れつつも、天皇に自己の荘園の中核を認めさせたという点では、頼通が政治的には一矢報いる形となったのである。 ...
  • もちろん、アイラの身に万が一のことがあれば、かなわぬまでも一矢いっし報いる覚悟だった。 ...
  • 一方でセバスチャン・ベッテルは2位でフィニッシュとなり優勝して一矢報いることはできなかった。 ...
  • そこで小津は城ヶ崎氏に一矢報いるために、香織さんを盗みだした。 ...
  • バルジの戦いがそうであった様にやがては連合軍に押し返されたものの、RSI軍は設立から1年で連合軍に一矢報いる結果を残した。 ...
  • 次へ