一瞬の夢

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ということは、あれはほんの一瞬の夢だったのだろうか。 ...
  • 二人は、一瞬の夢のような時間を、忘れずにいたの。
  • あるいは、あの戦闘せんとうは、初めて第四世代マシンでフルダイブする俺が見た一瞬いっしゅんの夢だったのかもしれない。 ...
  • さきほど見た一瞬の夢が、ヘンな感じに働いたのかもしれない。 ...
  • うけたといっても一瞬の夢の素人の悲しさ、あとがつゞかない。 ...
  • そのにおいを感じたとき、これまでのすべてが、一瞬いっしゅんの夢だったのではないか、という思いが、脳裏のうりつらぬいて走った。 ...
  • どんな一見にしろ、一見したところのものというのは、一瞬の夢であり、夢というものは、疑いなく判断を伴わない短時間のめざめである。 ...
  • 大牙は簡単な命令しか出していないのだが、だれが、どう、と相談するわけでもなく、それぞれが臨機応変に動いて、全員が退却にかかるまで、気がついてみれば一瞬の夢のようだった。 ...
  • まるで奈落に呼ばれたのが一瞬の夢でしかなく、ずっと前からラルクを道連れに旅していたような、そんな感じだ。 ...
  • こころよい酔いのうみだした一瞬の夢だったのだろうか。 ...
  • しかしその覚正かくしょう夢想むそうはまさしく一瞬いっしゅんの夢であった。 ...
  • 戸籍上の堤清二氏の悲劇は、単に、ウソでもいい、ただ、一瞬の夢を売り続けることだけを考える企業人にしては、良い意味での芸術家の多感さを、少し、持ち合わせすぎていたのかもしれません。 ...
  • 私が検察の事務に携わりましてより指折り数うれば早や十四年、回顧いたしますれば茫乎として一瞬の夢の如くでもあります。 ...
  • 灰色の淋しい街の風景のような、一瞬の夢。 ...
  • 立身出世は泡沫うたかた、一瞬の夢でした! ...