一献

全て 名詞
147 の例文 (0.00 秒)
  • 「わしにも一献くれんか」 酒に酔わなくても劉備の頭は混乱中である。 ...
  • 参右衛門はどこで手に入れたものだか珍らしく私に一献酒を注いでくれた。 ...
  • このため、中世には一献をもって酒宴そのものを指す事例も生じた。 ...
  • 民芸協会の人たちは、別室に案内されて、もう一献の酌を受けていた。 ...
  • 酔って彷徨さまよい道に迷うのはよく、天と地で一献いっこんの酒ほどよいものはない。 ...
  • まあ、その幼なじみと一献まじえていると、亭主が不意に帰ってきたと思え。 ...
  • 次に打鮑うちあわびを取って細き身をくらい、残りをば左より右へ角違いに置いて又一献。 ...
  • 「まず一献」 と実左衛門が銚子を手にしたのを見て、弥介は唇をゆがめた。 ...
  • 彼の父の宗吉と私は、その晩、八幡様には行かないで、家で一献酌むことにしていた。 ...
  • 献掬こんくまうといふ事になつて、皆はそこにある料理屋に入つた。 ...
  • 今年、中秋の名月を見ながら一献いつこん差し上げたいということで呉氏を招いた。 ...
  • 一献いっこんいかがかという紀伊国屋の誘いも断わって、すぐに姿を消した。 ...
  • さらに田楽でんがく焼きの魅惑的な味は、晩酌の膳に山の酒でも思わず一献を過ごす。 ...
  • 宿へ帰って一献もうではありませぬか。 ...
  • 何もございませんがいさゝか歓迎のしるしまで一献さしあげたいと存じます。 ...
  • あるとき、新橋の韓国料理屋で一献傾けていたときのことだ。 ...
  • 「では一献いつこんの用意を」 義貞は奥に向かって呼びかけた。 ...
  • 次へ