一流商社

38 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女の夫となるべき男は、東大出身の一流商社のエリートだそうである。 森村誠一『人間の証明』より引用
  • 一流商社員とヤクザな雑誌記者とでは、失うものの大きさが違いすぎる。 樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』より引用
  • 東大を出て一流商社に勤めている男もいれば、名門ホテルの次男坊もいた。 喜多嶋隆『島からのエア・メール』より引用
  • 彼女には店の客の夫である一流商社の当地支店長が市内の案内に付いてくれるというのだ。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • それで、彼も、一流商社に働いていたのに、めたということも知っています。 西村京太郎『特急「富士」に乗っていた女』より引用
  • 日本をお発ちの前は、大阪に本社のある一流商社の東京支店次長さんでした。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • 一流商社につとめる父は、先週の末からニューヨークに出張に行っている。 日高剛『白昼の凌辱』より引用
  • 彼女の父親は小学校の校長だし、姉は一流商社の社員と結婚していると経歴書に書いてあるのを見たことがある。 吉村昭『一家の主』より引用
  • もしぼくのところが君の気に入らなかったら、アメリカの一流商社のどこにでも紹介できるよ。 松本清張『空の城』より引用
  • 一流商社に勤める夫は勤勉であり、悪癖も持たず、誰に対しても優しい。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 徳次には、政府高官か一流商社の幹部のように横すべりできる会社はなかった。 峰隆一郎『殺人特急逆転の15分』より引用
  • このあいだ来たのは、東京外語を出て一流商社に勤めていたんだが、やめちゃって世界をうろついているんだというんです。 本田靖春『ニューヨークの日本人』より引用
  • とても一流商社のエリート社員とは思えない男だった。 勝目梓『女教師に捧げる鉄拳』より引用
  • 三菱商事や三井物産など一流商社と取引できることに満足感というか満更でもないといった思いさえあった。 高杉良『勇気凜々』より引用
  • 一流商社の営業部門のオジサンと不倫中のギャルの証言である。 阿部牧郎『オフィスラブ――甘い誘惑』より引用
  • 一流商社員と半端な記者とでは格がちがうということを、顔の角度で見せつけようとでもしている感じだった。 樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』より引用
  • どう見ても、宮沢のその姿は、一流商社の重役には見えない。 勝目梓『夜のエージェント』より引用
  • ヒロシの家も一流商社の重役で金持ちだが、洋一の家とは比べものにならない。 大沢在昌『悪夢狩り』より引用
  • 一流商社の部長ともあろう身が、地下鉄の中で人妻に猥褻わいせつ行為を仕掛けたとあっては、申し開きが立たない。 森村誠一『凶通項』より引用
  • なんでもよ、亭主は一流商社に勤めてたんだと。 藤堂志津子『熟れてゆく夏』より引用
  • 次へ »