一気呵成に書き上げ

5 の用例 (0.00 秒)
  • この作品は1912年9月22日の深夜から翌日の早朝にかけて、一晩で一気呵成に書き上げられた。
  • 着想のきっかけは1921年、知人からヴェーラという名の娘の闘病から死に至るまでの手記を渡されこれを読んだことにあり、この少女の死に対する理解に感銘を受けたリルケは1922年2月の間に本作を一気呵成に書き上げた。
  • 第1楽章と第2楽章は同年12月初旬に、翌1925年1月に第3楽章をそれぞれ完成させ、第4楽章は本人が友人に宛てた手紙の中で「一向に進んでいない」と漏らしていたほど作曲に行き詰っていたが、3月下旬には1週間ほどで一気呵成に書き上げている。
  • 台本の完成後はすぐさま作曲に着手し、一気呵成に書き上げ、1858年4月12日にフルスコアを含む全曲を完成させた。
  • スターリングラード攻防戦の犠牲者への墓碑として、1943年の7月2日から9月9日にかけて、モスクワの「創作の家」で一気呵成に書き上げられた。