一気に飲み干す

61 の用例 (0.00 秒)
  • ビールを一気に飲み干し、それを音をたててサイド・テーブルに置いた。 矢作俊彦『夏のエンジン』より引用
  • そして、まず一杯、一気に飲み干し、グラスをカウンターの上に置いた。 鈴木光司『リング』より引用
  • けれど、今日はそのまま、ごっごっごと音を立てて一気に飲み干した。 友野詳『妖魔夜行 闇より帰りきて』より引用
  • 電話をするためではなく、安いコニャックを一気に飲み干すためだった。 シムノン/長島良三訳『メグレと殺人者たち』より引用
  • アイスコーヒーが来ると、二人はゴクゴクと一気に飲みしてしまった。 赤川次郎『僕らの課外授業』より引用
  • そう言って大野は最後の一杯を一気に飲み干してグラスを置いた。 吉村達也『逆密室殺人事件』より引用
  • 邦子は、熱いコーヒーを一気に飲み干して、カップを離れた所へ置いた。 赤川次郎『やさしい季節 下』より引用
  • おれはワンカップの底に残った酒を一気に飲み干して、立ち上がった。 中島らも『今夜、すべてのバーで』より引用
  • そしてジョッキに残っていたビールを一気に飲み干すと振り返った。 安田均×下村家惠子『ソード・ワールド・ノベル 死せる神の島(上)』より引用
  • あっさりとそう言って、かなたは運ばれてきたコーラを一気に飲み干す。 柘植めぐみ/北沢慶/山本弘『妖魔夜行 穢された翼』より引用
  • 七百九十六人目で戻ってきた由希子は席に着くなりコップの水を一気に飲み干した。 大崎善生『パイロットフィッシュ』より引用
  • そう言ってまた、萌実は目の前の赤ワインの残りを一気に飲み干した。 内田春菊『ぬけぬけと男でいよう』より引用
  • 良作は、残った酒を一気に飲み干すと、ゴロリとたたみの上に横になった。 赤川次郎『おやすみ、テディ・ベア 下』より引用
  • 水をいて、水差しを元にもどし、少しだけ残った中身を一気に飲み干す。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅳ』より引用
  • 差し挙げた手を下ろすと、皆はグラスを満たした赤い酒を一気に飲み干した。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 媛は妙に光る目で、残った酒を見ると、今度は眼を閉じて一気に飲み干した。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • すぐに目の前に置かれたコーヒーを一気に飲み干して、のどがかわいていたことを知った。 赤川次郎『ふしぎな名画座』より引用
  • ほかの連中はボールを両手で持って、中身を一気に飲み干している! 喬林知『今日からマ王 第01巻 今日からマのつく自由業!』より引用
  • 「いや、ずっと会えなかっただろ」圭がグラスの水を一気に飲み干した。 五十嵐貴久『TVJ』より引用
  • 鷲尾と小林は一気に飲み干し、亜希子は三分の一ほど飲んでグラスを置いた。 吉村達也『ワンナイトミステリー1 「巴里の恋人」殺人事件 「香港の魔宮」』より引用
  • 次へ »