一旦松前藩

57 の用例 (0.00 秒)
  • 派兵は文政4年まで続いたのち、これらの地域は一旦松前藩領に復した。
  • 江戸時代後期の文化4年には古平郡域は天領とされたが、文政4年には一旦松前藩の領に戻された。
  • 文政4年には磯屋郡域は一旦松前藩の元に戻された。
  • 江戸時代後期の文化4年太櫓郡域は天領とされたものの、文政4年には一旦松前藩の元に戻された。
  • 江戸時代後期の文化4年には、岩内郡域は天領とされたが、文政4年には一旦松前藩の元に戻された。
  • 江戸時代後期の文化4年には、島牧郡域は天領とされたが、文政4年には一旦松前藩の元に戻された。
  • 江戸時代後期の文化4年には、歌棄郡域は天領とされたが、文政4年には一旦松前藩の元に戻された。
  • 江戸時代後期になると文化4年国防上の理由から浜益郡域は天領とされたが、文政4年には一旦松前藩領に復した。
  • 江戸時代後期になると文化4年国防上の理由から厚田郡域は天領とされたが、文政4年には一旦松前藩領に復した。
  • 江戸時代後期になると、国防上の理由から文化4年空知郡域は天領とされたが、文政4年には一旦松前藩領に復した。
  • 国防のため寛政11年中川郡域は天領とされたが、文政4年には一旦松前藩領に復した。
  • 千島国域は文政4年に一旦松前藩領に復したが、その後も弘化2年に露米会社船が択捉島に来航し交易を要求するなどしていた。
  • 国防のため寛政11年十勝郡域は天領とされたものの、文政4年には一旦松前藩領に復ている。
  • 文政4年には一旦松前藩領に復したものの、安政2年再び天領とされ、同6年の6藩分領以降は秋田藩領となっていた。
  • 文政4年には一旦松前藩領に復したものの、安政2年再び天領となり会津藩警固地となっていた。
  • 文政4年には一旦松前藩領に復したものの、安政2年再び天領となり庄内藩が警固を行った。
  • 文政4年には一旦松前藩領に復したものの、安政2年再び天領となり庄内藩警固地となる。
  • 江戸時代後期、国防のため寛政11年室蘭郡域は天領とされたが、文政4年には一旦松前藩領に復した。
  • 文政4年には一旦松前藩領に復したものの、安政2年再び天領となり仙台藩が警固をおこない、同6年の6藩分領以降は仙台藩領となった。
  • 文政4年には一旦松前藩領に復したものの、安政2年再び天領となり仙台藩が警固をおこない、同6年の6藩分領以降は仙台藩領であった。
  • 次へ »

一旦松前藩 の使われ方