一旦先頭

35 の用例 (0.00 秒)
  • レースは最後の直線一旦先頭に立つも、それまでの伸びが陰を潜め4着に敗れた。
  • 続く4月5日の大阪杯では最後の直線で一旦先頭に立つものの脚が止まって4着に終わった。
  • 直線では一旦先頭に立つが、外から伸びたドリームジャーニーの2着に終わった。
  • 一旦先頭に立つも残り50mでキズナに差しきられて2着惜敗した。
  • 先団から直線で一旦先頭に立ったが失速し6着に敗れた。
  • レースでは2番手で進み、最後の直線で一旦先頭に立つも失速し9着に敗れた。
  • 連覇がかかった6月24日の宝塚記念では4コーナーで一旦先頭に立つも7着に敗れた。
  • そしてNHKマイルカップは直線で一旦先頭に立つもマイネルホウオウに差しきられて2着に惜敗した。
  • 連覇がかかった6月3日の安田記念では2番手に位置し直線で一旦先頭に立つも6着に敗れた。
  • 直線では一旦先頭に立つものの、内から差してきたWorkforceとの叩き合いの末、わずかに及ばず2着となった。
  • その後、4月18日のマイラーズカップでは直線で一旦先頭に立つも失速し8着に敗れた。
  • レース直前の馬体重は実にプラス24キロを計測、レース中は折り合いも欠くなど本来の状態ではなくそれでもゴール前では一旦先頭に立つがやはりあとひと伸びがなくアニメイトバイオの4着に敗れた。
  • 続く東京障害特別では道中先行から襷を過ぎて一旦先頭に立ち、その後先に抜け出したピーチシャダイからアタマ差の2着となった。
  • 直線では一旦先頭に立つが、最後かわされると一瞬のうちに突き放され、2馬身半差の2着でクラシック競走を終えた。
  • 直線に入ると内からアーネストリーを交わして一旦先頭に立ったが、外から追い込んできたナカヤマフェスタに交わされ2着に敗れた。
  • 迎えた秋華賞では2番人気に推され、道中好位のインを追走し直線で一旦先頭に立つも外から伸びてきたアパパネにかわされ3着となった。
  • レースでは直線で一旦先頭に立つも、サクラローレルに躱され、2馬身半差の2着で当年のシーズンを終えた。
  • レースでは先行策から直線で一旦先頭に立ったが、残り200メートルで後続の2頭に交わされヴィジョンデタの3着に終わった。
  • 道中は2番手から競馬を進め、3コーナー付近で一旦先頭に立つも直線で失速、15着という結果に終わった。
  • 迎えた菊花賞では1番人気に支持されたが、周回2周目の第3コーナーで一旦先頭に立った場面が唯一の見せ場という内容で、ダテテンリュウの9着と大敗を喫した。
  • 次へ »