一斉

全て 名詞
10,027 の用例 (0.02 秒)
  • 私が敵の一斉射撃に向かって行った武者ぶりを知らぬものはないからな。 ロスタン/岩瀬孝訳『シラノ・ド・ベルジュラック』より引用
  • 日本人がこんなに一斉に蜂起ほうきすることがあろうとは考えても見なかった。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 背後で空気の揺れた気配に続いて、壁の陰から三人が一斉に姿を現した。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • そう思うと同時に、左の令嬢二人が一斉に自分の方を見たのが分かった。 森鴎外『青年』より引用
  • そして次の瞬間にそれらは一斉に息を潜めて私の心の中に静まり返った。 豊島与志雄『蠱惑』より引用
  • むかい合った男女の列が一斉に尻を振りながら、それに合わせて動き出す。 中島敦『狼疾記』より引用
  • 変わった気配や物音がするたびに、全員が一斉に同じ方向を振り返った。 水野良『剣の国の魔法戦士』より引用
  • 娘達は一斉に振り返ったが、やはり無言で笑いながら水中を逃げて来る。 外村繁『澪標』より引用
  • 彼の最後の言葉は耳をつんざくような一斉射撃にかき消されてしまった。 マクリーン『ナヴァロンの要塞』より引用
  • ここにきてクラスメイトたちの我慢がまんも限界をえ、一斉いっせい無視が始まった。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑤』より引用
  • 鳶の者達は無言で一斉に腰を折る程に頭を下げて引取って行って終った。 子母沢寛『父子鷹 下巻』より引用
  • この文化的祝砲の一斉射撃はどういう号令によって行われたのだろうか。 戸坂潤『友情に関係あるエッセイ』より引用
  • 立ち上がって歩き出すと、生徒たちの視線が一斉に二人に向けられた。 今野緒雪『マリア様がみてる 32 卒業前小景』より引用
  • 彼らが一斉に目を醒ましたので、病院中が大騒ぎになっているのだろう。 九里史生『SAO Web 01』より引用
  • で、ほかの諸将も一斉に地上へ目を向けただけで気の早いことはしなかった。 吉川英治『黒田如水』より引用
  • サラレギーの言葉に、少数しかいない聖砂国の警護が一斉いっせいに剣を構えた。 喬林知『今日からマ王 第14巻 「やがてマのつく歌になる!」』より引用
  • 運河のあちこちで一斉に穴が開き、都市の空気が流出すればどうなるか。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 自分は勿論、居合わせた婦人も一斉に新たに入って来た人の方を見た。 宮本百合子『或日』より引用
  • 出てきた将校たちに向って、回りの指導員が一斉に同じ言葉を投げつけた。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • 何も同年齢の子どもを集めて、時間をかけて一斉に教える必要などはない。 小浜逸郎『正しい大人化計画 ―若者が「難民」化する時代に』より引用
  • 次へ »