一挙両得

全て 名詞
67 の例文 (0.00 秒)
  • 体を鍛えられてお金を貰えるんだから、一挙両得というものだろう。 ...
  • 一挙両得の策というものではありませんか。 ...
  • こうすれば、同時に又、眉や頬の一部を隠すことも出来て、一挙両得でもあるのです。 ...
  • この酔っ払いがいなくなるというのは、アルベスにとっては一挙両得というものだった。 ...
  • これからも頻繁にアトラス内で接触するのだから、通行手形を兼ねて一挙両得だった。 ...
  • 無駄な金も使わず、安造の情報もとれるので、一挙両得であった。 ...
  • それが俺には一挙両得なのだ。 ...
  • あんたにとっては島岡さんを殺すことは、自分の山の犯罪を隠し、大金を手に入れる一挙両得の犯行だった。 ...
  • それに、これを機会にキリスト教徒たちに放火の罪を着せて追放できるなら一挙両得というものだ。 ...
  • これは一挙両得の策で、住所不定だったぼくにとっては一定の住所を持つことになり、大林家にとっては用心のために都合がよいと云うのである。 ...
  • ホテル住まいをする費用がないという問題も一挙両得に解決されて、ウェイバーはますます自分の機転に惚れ惚れしていた。 ...
  • たとえば七月十日に観音に参詣すれば四万六千日分の参詣に相当するということと、市で楽しみながら生活必需品などを買ってくるということは、まことに一挙両得という感があっただろう。 ...
  • 女官大勢頭部様は一挙両得を信条としております。 ...
  • また、このアルバムは一挙両得であり、本作を入り口とするにも望ましいとコメントした。
  • これも一種の内職のようなものですが、こうなると立派な表芸で、世間の評判も好し、上のおぼえもめでたいのですから、一挙両得ということにもなります。 ...
  • 一石二鳥というか、一挙両得というか、できないことをやらされている苦しさと不安から逃れられるうえ、未来に希望を持てる方法が見つかった。 ...
  • まず、一挙両得ってえのは、ここらを言うんでげしょうね。 ...
  • 次へ