一挙一動を見

11 の用例 (0.00 秒)
  • 互いに相手の一挙一動を見まもっていて、何をしているかを手にとるように知っていた。 モーム/田中西二郎訳『モーム短編集「園遊会まで」』より引用
  • 一挙一動を見ていたと、ヴィンセントが語っていたことを思うと、今から冷や汗が出そうだ。 荻原規子『西の善き魔女2 秘密の花園』より引用
  • あんまり夢中になってルピック氏の一挙一動いっきょいちどうを見まもっているので、ほかの家族のことなど忘れてしまう。 ルナール/辻昶訳『にんじん』より引用
  • 淑子はまばたきもせずに、りんこの一挙一動を見て感動し続けた。 泡坂妻夫『亜愛一郎の転倒 (亜愛一郎シリーズ2)』より引用
  • グランゴワールの目は彼女の一挙一動を見まもっている。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(上)』より引用
  • いらぬことを申上げたお人と、女中等は紅瞼こうけんいて、忠増の一挙一動を見まもった。 海音寺潮五郎『江戸城大奥列伝』より引用
  • ファム・トリンリは大量殺人者ではないし、ひねくれた性格はその愚かしい一挙一動を見ていればあきらかだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • つぎに今度はどこかそこらにある椅子に用心ぶかく腰をおろし、息子から目を離さずに、息子の一挙一動を見まもって、ペーチンカの機嫌のよししを推測しようとする。 ドストエフスキー/北垣信行訳『貧しき人びと』より引用
  • 眼の玉を飛びださせて中尉の一挙一動を見ながら相変らずテーブルの上にすわったまま敬礼しているミクーラーチェクの方へ、まっすぐに歩みよった。 ハシェク/辻恒彦訳『良き兵士シュベイク(上)』より引用
  • 思いつくままに行ったり来たり、一瞬一瞬に計画を変えたり、ハエの一挙一動を見まもり、下になにがあるか見ようと岩をひっくりかえしたり、十年もかかる仕事を熱意をもってくわだてるかと思うと、十分もするとあっさりやめにする。 ルソー/桑原武夫訳『告白(下)』より引用
  • みんな夢に見たモスクワへ着いたばかり、互いにキョロキョロ目を輝かせて、ナルホド、花の都モスクワには見たことのネエ人種もイルダベ、とこちらの一挙一動を見ている。 岩城宏之『棒ふりの休日』より引用