一挙一動に気

5 の用例 (0.00 秒)
  • 見まい、としても諸口さんから聞いた刺青のことが気になって、つい丘子の一挙一動に気を奪われてしまうのであった。 蘭郁二郎『蝱の囁き』より引用
  • 帆村は、このとき煙草の灰の落ちるのも気がつかない風で、家政婦の一挙一動に気を奪われていた。 海野十三『地獄の使者』より引用
  • 一挙一動に気を配らなくてはなりません。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 人が人を使う、これほどむずかしいことはあるまいと、私は一言一句、一挙一動に気を配り、徐々にれていった。 酒井美意子『ある華族の昭和史』より引用
  • 大きい眼をむいてひそかに彼の一挙一動に気をくばつてゐたHの細君は、ほとんど露骨な失望の色を見せた。 神西清『夜の鳥』より引用