一悶着

190 の例文 (0.00 秒)
  • 人々が憤るのをたぶん見聞きするだろうと思っていたし、一悶着ひともんちゃく起こりはしないかとすら恐れてもいた。 ...
  • ヘルメットに白線を巻いた指揮官表示をとる、とらないで一悶着があった。 ...
  • 今朝も兄弟喧嘩になりかかった一悶着の末、劉備の意見に折れて出馬してきた。 ...
  • そのため一年前、『本朝通鑑』が幕府へ献上される段になって一悶着ひともんちゃくがあった。 ...
  • その後ドレミとシュウの間で一悶着あったが、何とか朝を迎える。 ...
  • 一悶着ひともんちゃくあったものの、俺と桐乃はタクシーで駅に向かった。 ...
  • 国際会議だと、この表現のためだけにたびたび一悶着ひともんちやく起こる。 ...
  • 寅はとらやに帰ってくるが、土産に持ってきたブドウの件で一悶着。 ...
  • 増援の輸送については海軍が鼠輸送を、陸軍が蟻輸送を主張したため一悶着があった。 ...
  • ホールを去る際にカーと一悶着あったが、それも何とか切り抜けることができた。 ...
  • 二人は車にのりかけたが、そこでちょっと一悶着があった。 ...
  • ヒンマンの部隊が6月に到着した時、またしても主導権を巡って一悶着起きた。 ...
  • 一年のとき、女がらみで部の先輩せんぱい一悶着ひともんちゃくあったようで、ごく最近もそのことで、先輩に怪我けがをさせてしまう騒ぎになった。 ...
  • 夫と一悶着もんちゃく起こして、息子の所に逃げてきたボヴァリー老夫人にしても口さがない村人と同意見であった。 ...
  • また、 「どうして私を生んだのだ」 と、子供と母親に一悶着ひともんちやく起こったりする。 ...
  • 恋人に相談したら、解決の前に一悶着ひともんちやくありそうななやみや恋人自身に関する、のろけ半分の不満まで。 ...
  • 殿様との間に一悶着ひともんちゃくあったに違いなかった。 ...
  • 次へ