一悶着

190 の例文 (0.00 秒)
  • きみは情のはげしい人だから、ぼくは一悶着あるものと思っていたんだ。 ...
  • かれはこのように市の中を立ち回り、あちこちで一悶着を起こしていった。 ...
  • わたしは彼女が入ってきたとたんに、これはきっと一悶着ひともんちやくあるぞとさとった。 ...
  • このまま俺がその後ろについて部屋に入ると、何か一悶着起きてしまいそうな気がする。 ...
  • そんな時は必ず一悶着起こしていた瑠美を知っていますから、私は驚きましたね。 ...
  • それが原因で一悶着発生したため、ウィルは居残りさせられることになった。 ...
  • 達也が部屋を出ようとした時、ある意味予想どおりの一悶着があった。 ...
  • 持参金をめぐって、男性の間で一悶着あったと思われるからである。 ...
  • それともあんたは、ウイリアム卿ともう一悶着やってみたいのかね?
  • 僕とその従妹との間柄を野枝さんに感づかれて一悶着起こしたこともあった。 ...
  • 琉球側は八郎の引き渡しを要求、一悶着ののち柴山は処罰されたと伝わる。 ...
  • これが他の貴族だったなら一悶着ひともんちゃくあったろうが、そんなことで気を悪くするラルファスではない。 ...
  • あの修道士二人が来て、一悶着ひともんちゃくあったというので、その余波なのかもしれない。 ...
  • どんな方法でやるにせよ、いずれ一悶着はまぬがれないところだ。 ...
  • かつて彼が城に電話線と発電機を設けるよう要求した折は、老当主と一悶着あった程である。 ...
  • そのあと、はじめて事情を知ったすがとの間に一悶着ひともんちやくおきた。 ...
  • 翌朝、貞操帯を持って迫る一誠と一悶着あったが、これは英典が勝った。 ...
  • 次へ