一度言葉を切り

25 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女はそこで一度言葉を切ると、真九郎の険しい表情をじっと見つめた。 片山憲太郎『紅 第03巻 ~醜悪祭~ (上)』より引用
  • そこでわたしは一度言葉を切って運転している水野の横顔を見つめた。 和田はつ子『薬師』より引用
  • 一度言葉を切り、少女は強さを増した声で、おどろくべきことを告げた。 川原礫『アクセル・ワールド 07 -災禍の鎧-』より引用
  • そこで一度言葉を切り、タクムは眼鏡越しにまっすぐ視線を合わせた。 川原礫『アクセル・ワールド 04 -蒼空への飛翔-』より引用
  • そこで一度言葉を切って、梨夏は、特徴的な大きな目を恭介に向けた。 三雲岳斗『レベリオン 第04巻』より引用
  • 天皇は一度言葉を切り、鈴木も顔をあげて天皇を見上げた。 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 下』より引用
  • 女医さんは一度言葉を切り、次に口にする言葉を吟味ぎんみしはじめます。 田中ロミオ『人類は衰退しました 02』より引用
  • 一気にそこまで言うと、蒼儀そうぎは一度言葉を切って比呂緒ひろおの反応を見た。 中村恵里加『ソウル・アンダーテイカー』より引用
  • 姫神はそこで一度言葉を切った。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第10巻』より引用
  • 途中で一度言葉を切り、ちらと佐智を眺めたが、また激しい調子で言いはじめた。 加藤幸子『夢の壁・北京海棠の街』より引用
  • 女王はそこで一度言葉を切った。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • そこでハルユキは一度言葉を切り、長くなるから食べながらにしましょう、と提案した。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • 邦彦は困ったような調子で一度言葉を切った。 半村良『魔女伝説』より引用
  • そこで一度言葉を切ると、剣の先端せんたんを南東の空に向け。 川原礫『アクセル・ワールド 13 -水際の号火-』より引用
  • そこで老人は一度言葉を切り、卓上の煙草入れから高級煙草を一本、抜き取った。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • 彼女は一度言葉を切ってから、先を言った。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第10巻』より引用
  • 一度言葉を切り、ぼくは息を止めて、杳子の表情を観察する。 樋口有介『魔女』より引用
  • 黒雪姫クロユキヒメはそこで一度言葉を切ると、視線を窓の外の夕景に向け、ささやくように続きを語った。 川原礫『アクセル・ワールド 12 -赤の紋章-』より引用
  • 薬師寺がここまで話して一度言葉を切り、運ばれてきていたコーヒーに砂糖とミルクを加えた。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • そこで美夏は何かを考え込むように一度言葉を切った。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第13巻』より引用
  • 次へ »