一夜を過すこと

5 の用例 (0.00 秒)
  • これがふだんの時であったら、彼も自分の宿に眠って安らかに今夜一夜をすごすことが出来たかも知れないが、祇園の酒も今夜かぎりだと思うと、半九郎はとても落ち着いていられなかった。 岡本綺堂『鳥辺山心中』より引用
  • かくて、亜由美は、生れて初めて、留置場という無料ホテルで一夜を過すことになったのである。 赤川次郎『花嫁は歌わない』より引用
  • 将軍宣下の行列に加わるような、長い緊張を解きほぐすためには、遊女を抱いて酒を飲んだり、一夜を過すこともあるに違いない。 平岩弓枝『千姫様』より引用
  • 例えば毒殺の嫌疑を受けた十六人の女中が一室に監禁され、明日残らず拷問ごうもんするとおどされる、そうして一同新調のすずしのかたびらを着せられて幽囚の一夜を過すことになる。 寺田寅彦『西鶴と科学』より引用
  • しかし、同時にまた、湖は「画舫フラワー・ボート」で、つまり嫖客ひょうかくが美しい娼妓相手に歓楽の宴を張り、水上で一夜を過すことのできる、浮きただよう密会の家で知られていた。 フーリック/大室幹雄訳『中国湖水殺人事件』より引用