一国全体

14 の用例 (0.00 秒)
  • 守護は一国全体の領域的な支配を確立したのである。
  • 荘園は全国におよび、大修理の際には、一国全体を任されることもあった。
  • 貿易不均衡とは基本的に一国全体の貯蓄と投資の不均衡に過ぎない。
  • 一家を治めるのにも一国全体をべるのに劣らない苦労がある。 モンテーニュ/関根秀雄訳『モンテーニュ随想録抄』より引用
  • 残りの加盟国では、各々一国全体で単一の選挙区を形成する。
  • 「一国全体を不安な状態にしておくのを、時のせいにする権利はない」と、代弁者が応酬した。 ヴェルヌ/鈴木力衛訳『月世界旅行』より引用
  • しかも太平洋戦争中という、一国全体が「村」と化していた時代と重なっているのだ。 姫野カオルコ『ほんとに「いい」と思ってる?』より引用
  • ハーラルはノルウェー西部の一小王の娘に求婚したが、「一国全体の王としか結婚できない」と拒絶された。
  • この目的を達せんとするには、まずこの政教の二者を分離して各独立の地位を保たしめ、たがいに相近づかずして、はるかに相助け、もって一国全体の力を永遠に養うにあるのみ。 福沢諭吉『政事と教育と分離すべし』より引用
  • 一国全体の面目にかかわることに至りては、人民の職分として政府のみに国を預け置き、かたわらよりこれを見物するの理あらんや。 福沢諭吉『学問のすすめ』より引用
  • 生産量、埋蔵量ともに世界の既発見油田の中で飛びぬけて多く、生産量でいえば二位の油田の二倍以上であり、一国全体としても日量500万バレル以上生産している国はロシア、アメリカぐらいである。
  • また、一国全体が順位・規模法則に従う場合、その国の中の部分的地域も、順位・規模法則に従うことが可能であることが、シミュレーションと理論を用いて明らかになっている。
  • 日本いかに貧国たりとも京都奈良の二旧都をそのままに保存せしめたりとて、もしそれだけの埋合せとして新領土の開拓に努むる処あらば、一国全体の商工業より見て、さしたる損害を来す訳でもあるまい。 永井荷風『日和下駄』より引用
  • このようなグローバルな「底辺の競争」は一国全体の賃金水準を下げるデフレ圧力となり、グローバル化は格差拡大につながるとしている。