一口に言へ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 一口に言へば、信吾は自分が何処までも勝利者であると感じたので。 ...
  • 一口に言へば、信吾は自分が何處までも勝利者であると感じたので。 ...
  • 一口に言へば、僕は嫉妬しっとと恋の鬼になつたのである。 ...
  • 一口に言へば、詩語が現代語や近代語と同じものでなければならぬと言ふことも、この理由から声高く主張する事は出来ない。 ...
  • 少年時代から私の胸に描いて居た芭蕉は、一口に言へば尊い『老年』であつた。 ...
  • 一口に言へば衒気げんきに満ちた作品でした。 ...
  • 作品をみても、さうした敏捷さ、激情性はよく表現されてゐる、一口に言へば奥村土牛は作家的にも人間的にも、非常に激しい人なのである。 ...
  • つまり、一口に言へば、何一つ人の目を惹くやうなところの無い、或は、ない男だつた。 ...
  • しかしその頃はまだぴんぴんはね廻つたり、ボートを漕いだり、一口に言へば殆ど病人ではなかつたのである。 ...
  • 一口に言へば、何時まで経つてもその日のことに追はれてゐて、そんな運びに至らないのです。 ...
  • 一口に言へば、すでに四児の母でありながら、心身ともに女学生気質の抜けきらない人であつた。 ...
  • 一口に言へば、彼は心を浮き立たせるやうな雑談が何よりも好きで、しまひにはただ口にのぼすことの出来る限り矢鱈にしやべり散らすといつた類ひの人物であつた。 ...
  • 何處が似てゐるかといふと、モオリアックの事をすこし詳しく書かなければならなくなりますが、まあ、一口に言へば、モオリアックといふ作家は、「とぐろを卷いてゐる蝮の群のやうな」神を見失つた人間どもの悲慘を描いて、逆説的に神のない世界の暗さを示さうとする作家であります。 ...
  • 一口に言へば日本人は其隣國であり殊に國民經濟生活の最大要素たるべき支那に關して全く沒常識である。 ...
  • 妻覓ツマヽぎ」と言ふ古語は、一口に言へば求婚である。 ...
  • 直会ナホラヒは、一口に言へば、精進落ちともいへる。 ...