一口に云へ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 一口に云へば、なにもしたくないために来るんです。 ...
  • 一口に云へば日本は未だ眞に開化の獨立國と稱す可らずとて之を心配することなり。 ...
  • 一口に云へば、日本国民の資格において、あまりにも「肩書」が物を云ひすぎるのである。 ...
  • 自分は今度の高等文官試験の本準備にかかる前に五六日海岸の空気を吸ふてみるためであつたが、一口に云へば一人の若い男が海岸へ遊びに行つてゐて、偶然に若い女と知合になりその晩の内に離れられないものとなつてしまつたと云ふ、毎日新聞の社会記事の中にある簡単な事件で、別に不思議でもなんでもない。 ...
  • 一口に云へば、それが巴里のかの有名な下水の臭かもわからない。 ...
  • 一口に云へばその文化水準である。 ...
  • 此の比較論も亦こゝで長々と述べる必要はありませんが、一口に云へば、演劇に於ては、俳優と劇作家の間に、更に作中の人物といふ一個の存在が現はれる。 ...
  • 一口に云へば、君たちの表現を久保さんは青年の言葉として理解しないし、君たちはまた、久保さんの表現を、あまりに久保さん自身の言葉として受け取りすぎてゐるのだ。 ...
  • 一口に云へば、為にするところなき日本人の真の姿を支那民衆の心に植ゑつけ、その信頼すべき「人間性」と、彼等と共通の理想を目ざして生きるものゝある実証を示すことである。 ...
  • 一口に云へば、物足らないんでせう。 ...
  • 一口に云へば、読んだ時より、数層倍面白くなつてゐるので、僕は愕き、面食ひ、自分を疑ひはじめた。 ...
  • 一口に云へば、身分ありげな堂々たる風采である。 ...
  • それで能の主題或は思想と云ふものはどう云ふものかと云ふと、一口に云へば人間の煩悩、執着とか、或は迷妄、嫉妬と云ふ心理を取扱ふのです。 ...
  • 一口に云へば、前期の諸作は、主題として所謂「劇的境遇」が選ばれてをり、後期の諸作は、少くとも表面的に「波瀾の少い場面」が選ばれてゐる。 ...
  • 貞しい説でも有り善い教へでも有らうが、一口に云へば野暮なことで、天下堪へず、墨子獨り能く任ふと雖も天下を如何にせん、と云つたのは流石に洒落者の巧みな論破ぶりである。 ...
  • そこには明らかに、「常道」への反撥があり、「円満具足」への冷笑があり、価値顛倒への野心と歓喜とがあり、一口に云へば、「健康らしきもの」への止みがたき呪咀さへもがあつた。 ...