一切経

全て 名詞
224 の例文 (0.00 秒)
  • 実は私が一切経を出版しますことを初めて決心しましたのはその時であります。 ...
  • しかし近頃私が一切経の中に出しました書物の中にも非常に良い書物がある。 ...
  • 即ち一切経は宋の時代になると翻訳時代は終って刊行時代となった。 ...
  • それでインドで出来た小乗一切経はシナに一冊も来ないといってよい。 ...
  • それから以後その通りを守っているのが是が小乗の一切経であります。 ...
  • 私が訪ねて行った時に日獨文化協会のことは話さず、一切経のことを話した。 ...
  • 古代の出版から近時の出版まで合せますと三十の一切経があります。 ...
  • とにかく一切経を向うの人が平気で読めるようにしたいという希望であります。 ...
  • 弟子たちは印刷した二千部の一切経を宗旨を問わず日本各地の寺院に納めたという。 ...
  • 名前の由来は安倍貞任が仏教教典の一切経を山に埋めたという伝説による。 ...
  • たくさんきておることはきておりますが、向うで一切経だといっているものは一冊もきておりませぬ。 ...
  • 日本では673年に川原寺で一切経の写経が行われたのを創始としている。 ...
  • とにかく日本には三十の一切経がことごとく存在しております。 ...
  • 黄檗といへば、あそこには名高い鉄眼和尚の一切経の木板が遺つてゐる。 ...
  • 鉄眼一切経6956巻が一応の完成をみたのは天和元年である。 ...
  • といってはあまりひどいのでありますが、明の一切経は或いは残っておるであろうと思います。 ...
  • 三階教は私の刊行しつつある一切経の中に出しております。 ...
  • 次へ