一兵卒

全て 名詞
323 の例文 (0.00 秒)
  • 銃をとって、戦闘に参加した一兵卒の立場から戦争のことを書いてみたい。 ...
  • しかしこの旗上げには、どうしても一兵卒として参加したいと思った。 ...
  • 一兵卒の伝令としての従軍であったが、彼は念願の軍人になれて喜んだ。 ...
  • その軍勢のうちにおいては、一兵卒といえども将軍と同じく英雄であった。 ...
  • だが、今、彼は、一兵卒の柿本の銃の前に、一個の生物でしかなかった。 ...
  • そのときは、不肖児島も一兵卒として参加することにやぶさかではない。 ...
  • しがない一兵卒となってもぼくの能力を発揮することはできない。 ...
  • 一兵卒というのがイヴンのことで、小者というのが少女のことらしい。 ...
  • それも一兵卒としてではなくて、聯隊の軍曹として出陣するようにな。 ...
  • それこそ藤木みたいな才能のあるやつが、何万人も一兵卒として殺されてしまうのだ。 ...
  • そのころの私は、ただの一兵卒で、哨舎の前の椅子に静かに腰をおろしていた。
  • また、戦に参加し、勝利を得ることで名を挙げるのは一兵卒も領主も同じことである。 ...
  • 上将軍 間牒に出した、信用の置かれる一兵卒が、 今岩を降りて来ます。 ...
  • 「どこどこ作戦」となれば一兵卒にも作戦内容を教えてくれます。 ...
  • 優秀な外交官の卵が入って来たのに、一兵卒にとられて戦死でもされては損失である。 ...
  • 指揮官でこれなのだから、一兵卒の装備などないも同様だった。 ...
  • 俺も一六歳の時から参戦し、二年間をギルガメス軍の一兵卒として戦場で過ごした。 ...
  • 次へ