一六八八

17 の例文 (0.00 秒)
  • 一八三〇年は、既に一六八八年にイギリスにおいて適用されたこの理論を実行した。 ...
  • アイルランドの反逆、一六八八年から一六九一年。
  • 彼はなお、かの一六八八年およびフランスの一七八九年の両革命後においても、封建的の幻を有している。 ...
  • 一六八八年の革命の勃発にあずかって力があったと言われ、革命の間及びその後にイングランド中で非常に流行し、軍隊や人民に盛んに歌われた。 ...
  • 一五二 イギリスの風習が、一六八八年から一七三〇年の間に生まれたように、フランスの風習は、一八一五年から一八八〇年の間に生まれようとしている。 ...
  • 一六八八年及び一七〇〇年に制定された穀物条例は、両者を平等の基礎に立たせるという以上には、何事もしなかったものである。 ...
  • あたしが惹かれたのは、フランスの将来について、あのひとが深い考察をしているからだし、やがてあたしたちにふりかかってくる事件が、きっと一六八八年のイギリスの革命に似ているかもしれない、などという考えをもっているからなのだわ。 ...
  • けれどフランスの将来に関するあの人の含蓄がんちくの深い議論や、これからこの国に襲いかかろうとする事件がイギリスの一六八八年の革命と似たところかがあるかもしれぬという考えに、あたしは惹かれたのだ。 ...
  • そしてこの貴重な経験が最も賢明に生かされたのが、一六八八年の無血革命であり、以後彼らにはもはや暴力革命を行う必要がなくなったのである。 ...
  • ある日タンボーが二人のそばに席を占めようとすると、彼女は一六八八年の革命のことが書いてあるスモレット〔スコットランドの文筆家〕の一巻を図書室から取って来てくれと彼に頼んだ。 ...
  • 一六三五年、一六八〇年、一六八八年、十六世紀末の数年、一七四〇年、一七五六年、一七六六年、一七七八年、一七八二年及び一七八三年は、いずれも各所で、欠乏の大厄年として指摘されている。 ...
  • 両端を含めて一六三七年ないし一七〇〇年において、穀物の平均価格は、スミス博士によれば、二ポンド一一シリング〇・三分の一ペンスであるが、しかし一六八八年は、栽培価格は、スミス博士が正確と考えているグレゴリ・キングの見積りによれば、わずかに一ポンド八シリングである。 ...
  • レジャーのすくなかった江戸時代には、幕府所在地の江戸でさえも、祭礼が最大の娯楽だったわけで、元禄のはじめ〔一六八八ごろ〕、将軍が、江戸城内の上覧所で、山王祭りの山車だしを見て以来、江戸市民の祭りに寄せる関心も強くなっていった。 ...
  • しかるにウィリアム三世は一六七七年イングランド王ジェームズ二世の長女と結婚、一六八八年には議会に招かれてロンドンに入り、ジェームズ王をフランスにはしらせ、王権主義と議会主義とが調和される「名誉革命」の立役者となり、翌八九年イングランド王となった。 ...
  • 渠は一六八八年にストツクホルムで生れたので、幼時から、山や鑛山へ這入はいつて、化學や光學や生理學や數學や天文學などの材料を探し、自分の變化が多い而も容量の大きい頭腦に適當する面影を求めた。
  • 天主僧ガーピョンの一六八八より一六九八年間康煕帝の勅を奉じ西韃靼だったんを巡回した紀行に帝が露人と講和のため遣わした一行がカルカ辺で兎狩した事を記して歩卒三、四百人弓矢を帯びて三重に兎どもを取り巻き正使副使と若干の大官のみ囲中に馬をせて兎を射、三時間足らずに百五十七疋取った。 ...