一六八〇

17 の例文 (0.00 秒)
  • 一六八〇年から八二年までイギリス学士院長になったこともあった。 ...
  • 一六八〇父は牧師にするつもりであったが、その意志に背き、シティで商売を始める。 ...
  • もちろん一六八〇年度の英国の筆写本なんでゲスから相当の珍本には間違い御座んせん。 ...
  • この形はアレッサンドロ・スカルラッティの一六八〇年代のごくはじめ頃の、オペラの序曲にはじめて現われるのです。 ...
  • 天狗山の西の馬越峠は一六八〇メートル。 ...
  • 彼を救い出すために、私はここからまっすぐに一六八〇マイルかなたにある、あのオアシスに自動車を急行させようと思ったが、それも財政的にできない相談とわかってみると、やむをえず待たねばならないことになった。 ...
  • 一六三五年、一六八〇年、一六八八年、十六世紀末の数年、一七四〇年、一七五六年、一七六六年、一七七八年、一七八二年及び一七八三年は、いずれも各所で、欠乏の大厄年として指摘されている。 ...
  • なかでもウィーンの帝室王室図書庫所蔵のものは、一六八〇年以来保管されている。 ...
  • 一五三一年生まれのこの人物の生きた時代は、一五三六年、ジョアン三世治下での異端審問所開設と、一六八〇年の慎重王フェリペ二世によるポルトガル併合という、ポルトガル・マラーノにとっては最も多難な時代にあたっていた。 ...
  • ただ取りはずしが出来る総義歯は記録上は一六八〇年、オランダの外科医がカバの歯を彫って下顎の総義歯をつくったのが初めだそうな。
  • が、作者死後は余り上演されず、一六八〇年前後にレイヴンズクロフトが徹底的に原作を改訂し、八七年にその改訂版が上梓され、それも一七〇三年から翌四年に掛けて一回、同じく四年の八、九、十一月に三度上演されただけである。 ...
  • しかし、宗教改革の嵐のなかで、ジュネーブはプロテスタントにたいして寛容に門戸をひらいていたため、ヨーロッパ各地から、時計職人がこの町に移住しはじめるようになり、その結果一六八〇年には、時計職の親方一〇〇人、労働者三〇〇人がジュネーブで時計生産に従事することになったのである。 ...
  • 一六八〇年から一九六三年まで、コメディ・フランセーズで千回以上上演し、また昭和四〇年に同座の来日公演での『町人貴族』の大成功は記憶に新しい。 ...
  • 一方、フックも重力とのかかわりは古く、また、一六八〇年にはニュートンに宛てた手紙の中で、自説を開陳かいちんしていた。 ...
  • 東部にあるのが、アパラチア山脈で、その最高峰は、ニューハンプシャーにあるが、それも一六八〇メートル〔現在、アパラチア山脈の最高峰は、ミッチェル山で二〇四六メートルある〕以上のものではなく、たいへん地味である。 ...
  • 騎馬で愛宕の石段登るを日本でむるが、外国には豪い奴もあって、一六八〇年一人白馬に騎り、ヴェニースの埠頭からサンマルコ塔の頂まで引っ張った六百フィート長い綱を走り登る。 ...