一六五五

17 の例文 (0.00 秒)
  • そして一六五五年には、何かの大工事がおこなわれていた、というわけか? ...
  • ところが一六五五年七月二八日建物の梁がかれの上に落ち、その事故によって三六歳の短い生涯を終えたのである。 ...
  • 一六五五年、武蔵国で発生した歴史転換は、やがてある一人の人物をこの世に生み出す。 ...
  • かれらは一六五五年の武蔵国で、極めて積極的な行動に出て、笙子たちを引き寄せた。 ...
  • また一六三八〜四〇年の間にウィルキンスという英人が月に人間が住める可能性を説いた論文を発表し、一六五五年に仏訳された。 ...
  • 明暦元年は一六五五年よ。
  • そして、また故郷くにに帰るが、やがて謹慎が解けて、一六五五年パリに帰ってきて、あとはサロンの人間として余生を送ったのである。 ...
  • だが、一六五五年、明暦元年の武蔵野の原野で原子爆弾を爆発させて、いったいどうしようというのだろう? ...
  • 一六五五年 「モンテーニュとエピクテトスに関するサシ氏との対話」が書かれる。 ...
  • この点についてはさだかではないが、あるいは一六五五年以後、ユダヤ人の英国居住権獲得のためクロムウェルとの折衝にあたっていた、スピノザの師メナセ・ベン・イスラエルの紹介によるものだったかもしれない。 ...
  • 一六五五年師隠元とともに来日。 ...
  • 宇喜多秀家 一五七三〜一六五五戦国大名。 ...
  • 事実、安松金右衛門の惨澹さんたんたる努力にもかかわらず、明暦めいれき元年、一六五五年に完成したこの用水は、肝心の野火止の地には一滴の水も運ばなかったのだ。 ...
  • 死期の近いのを悟ったシラノは、彼の従兄ピエールの家へ自分を運ばせ、そこで一六五五年九月三十五歳で息をひきとった。 ...
  • 此種の珍本で有名なのは、一六五五年アムステルダムのエルゼヴィエル版『フランス料理大全パチシェ・フランソワ』で、本書は十七世紀、十八世紀の間に、フランスの台所で大部分は焚附の代りになって了った程の俗書だが、それが今では珍書中の珍書で、十九世紀末には二万法という値が付いた。 ...
  • これよりも豪いのはグラスゴウ附近カムプシーちゅう所の牧師アーチブルド・デンニストンで、一六五五年その職を免ぜられ、王政恢復の後復職した。 ...